元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  大学勉強 >  税法の授業を受けてて思ったこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税法の授業を受けてて思ったこと

税法のアサインメントの締切が来週月曜なんだが、いまだに完了していない。
いや、僕のパートはすでに終わっているんだが、他のメンバー(中国人二人)
が未だに終わってないらしく、下手すると締切直前まで粘りそうで
嫌すぎる。最後にみんなのパートをまとめる役が僕なので、遅いのは
困る。明らかに一番めんどくさいパートを僕が引き受けたのに、
楽なパートをやってる二人の方が遅いってどういうことだと
ツッコミの一つぐらい入れたくなってしまう。



ところで、税法(Taxation Law)の授業だが、僕の感想でいうと、
大学院(Postgraduate)の12科目中一番実践的な科目だと思っていて、
大変だけど一番やりがいのある科目ではある。他の多くの科目がただのお勉強な
感じで役に立たなすぎなので、かえってそう思ってしまう。

同じようなことは他のクラスメイトも感じているようで、
僕が今まで受けてきた授業の中で、授業中の質問数が異常に多い唯一の科目だ。
10-30個ぐらいは毎回普通に質問&やり取りが続く。
おそらくだが、
僕が取ってる大学の会計コースは、バングラディシュ・ネパールとか
比較的発展途上国出身のクラスメイトが多いのと、
課税対象の項目と控除対象の項目を知ることは自身の収入に直結するので
本気モードで授業を受けて質問したりしてるんだと思う。



その中で、おもしろいと思ったのは、HECS-HELPという問題演習やってる過程
で初めて知ったオーストラリアの学生ローンのシステムだ。

日本だと、学生ローン借りた場合、卒業後に大学4年分の授業料
(平均300万-500万前後だろうか)を少しづつ返済していく感じなんだろうが、
以下の記事を見てると、学生ローンを借りてる学生数が50%前後いたり、
払えないのに全額一括請求される
パターンがあるようで、卒業後に就職してまともな収入が得られてない
元学生は苦戦してるようだ。

http://blogos.com/article/81689/

http://www.mynewsjapan.com/reports/1898



まぁ、以下リンクに書いてあるように、借りたもんは返せ、
返せないなら大学行くなとか、というのは正論なんだろうけど、
学歴が収入にある程度反映されるんだから、家が貧乏だとその点で
不利になるわけで、あんまりフェアーじゃない気がする。

http://2ch-gogo.seesaa.net/article/390014115.html



それに比べると、オーストラリアは、もともと自国民は学費が留学生に比べて
ものすごく安いそうだが、さらに学費を全額後払いにして、就職してある程度の
収入になった時点で返還することができるらしい。
HECS-HELPについては以下のサイトを参照。

http://nichigopress.jp/ikuji/auskyoiku/47322/

http://nakano-accountants.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/hecs-1fa0.html
(記述年が2009年なので法律変更に注意)



学生ローンに関してはオーストラリアの方がかなり自国民に優しい制度だと
思うわけで。個人的な意見としては、一定レベルの収入になった時点で、
給与水準に合わせて給与から天引き、にしちゃえば借金取りみたいなのが
来る恐怖もなくなるわけだし一番いいような気がする。



ちなみに、HECS-HELPは控除としては使えないようだ。
以下のWebサイトから引用。
'Section 26-20 operates to deny deductions for HECS-HELP'。

http://trustedtax.blogspot.com.au/2012/07/self-education-expenses-deductibility.html


上記リンクの、University feesが控除可能という箇所は、授業中にクラスメイトの
一人が質問しまくってたところだ。でも、上記リンク+Lecturerの話からすると、
基本的にはそんなに多くの人が
甘い汁を吸えるということはないようだ。つまり、控除ができる条件は比較的
難しいということだ。普通に考えれば、大学卒業して、就職して、
過去の授業料分全額控除可能なんてやったら、みんな控除が出来てしまうわけで
税務署が許すのかっていう話だ。

ただ、Lecturerの話から判断すると、
オーストラリアで会計関連の仕事しながら、
会計コース受講 or
USCPAからオーストラリアの会計ライセンス取得のために税法・会社法を
受講しているパターンなら、その分は控除できるかもしれないので、
そういう人は試してみる価値はあるかもしれない
(うまくいくか分からないので自己責任でお願いします)。
仕事と授業の関連性、あと「しながら」っていうのがポイントなんだと思う。




話がずいぶんそれたが、大学の会計の授業は基本つまらないものがおおいので、
少しは実践的なことを勉強したい、という感じだ。
関連記事
スポンサーサイト

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/05/01 11:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。