元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会計求人分析

会計というのはおおざっぱな枠なわけだが、どういう職種が
ニーズが強かったりそうでないのかは差があったりする。
というわけで、以下2種類の求人から、
オーストラリアの会計求人について考えてみたい。

その1
ttp://jams.tv/classifieds/public_detail/284547/job

大手の会計事務所勤務で、アカウンティングマネージャーの募集。
CPAはじめ、会計士ライセンスが必要。
VISAサポート可能、とあるので、ビジネスビザを出してもらえる、という意味だろう。
英語力上級ということだが、結構おおざっぱなので、参考にBig4で留学生が
要求されるIELTSのスコアを見てみる。参考URLは以下。

https://mycareer.deloitte.com/au/en/students/internationalstudents

全てのパートで8.0を要求されていて、さすがにすでにBig4で勤務している人でも
無理なんじゃないかという水準だ(特にWritingとSpeaking)。
敷居を低くするとたくさん応募が来てしまうので、敷居を上げている気はする。
ただ、似たような水準は求められるのではないかと思っている。
少なくともリーディング、リスニング8.0は必要でもおかしくはないと思う。



その2
ttp://www.nbca.com.au/modules/myAds/index.php?pa=viewannonces&lid=610

アカウンティングマネージャの募集。仕事内容は、経理&アドミン。
MYOBの実務経験と経理業務が必要。ビザは永住権か市民権と書いてあるんで、
ビジネスビザは出さない方針ということなのだろう。



ここ2年ぐらい僕はオーストラリアの会計関連求人をちょこちょこ見てるわけだが、
ビジネスビザが出るのは、ほぼ例外なくある程度規模が大きい会計事務所の
求人だけという印象がある。要するに監査とか税務とかアドバイザリーとか
そういう系だろう。経理業務でビジネスビザサポートをする求人を
まず見たことがない。

会計事務所(Big4とかの)での実務経験が求められる仕事を要求しているから、
ただの経理よりかはかなり高度な水準が求められているんだろう。
→オーストラリアにはほとんど条件を満たせる日本人はいない。
→ビジネスビザを出す、ということなんだろう。


経理で永住ビザなしでOKの求人はほとんど存在しないことを考えると、
永住ビザを取らないと事業会社の
会計関連の職につくのはかなり難しいんだろう。


僕としては、毎日かかさず経理求人を探す、というのから、
もう永住ビザを先に取る、という方針に変えたほうがいいという気がしていて、
理由は、上に書いたようなことが理由だ。



すでに1年以上在籍している学校だが、会計のクラスメイトと話すると、
バイトをしている人が圧倒的に多い。でも
給与ありで会計関連の仕事をしている人に一人もあったことがない
(無給の人でならいたが)。クラスメイトのクラスメイトも仕事を
誰一人Getできてないようなので、ホント相当な難易度だと思う。

学校行いながらパートタイムで会計関連の仕事をするという当初の目標は
完全に当てが外れてしまっている。難しいと留学前から思っていたけど、
ここまで難しいとは、と思ってしまう。



オーストラリアでの会計求人探しで脱落してしまう人が多くてもおかしくはないと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。