元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  自己紹介 >  このブログのテーマについてその2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログのテーマについてその2

もう一つのメインテーマについて書いてみたい。

僕の第一目標はキャリアチェンジだ。オーストラリアの永住権が
第一目標ではない。なので、ブログのメインテーマの1つも
本当はキャリアチェンジが入っている。



アジア圏でなく、英語圏でプロフェッショナルとしての就職自体が、
かなりの挑戦というか難易度が高いわけだが、
経理とか会計士の実務経験ゼロの状態から海外でキャリアチェンジが
できるのか、というさらに難易度の高いことに挑戦しようとしている。
なので、そこら辺の経緯を情報提供できればと思っている。



そもそも、とにかく永住ビザ&海外就職に的を絞るなら、
USCPAなんか取らなくてもいいわけだ。IELTSのスコアだけに集中して
英語だけ勉強してれば、もっと早くIELTSのスコアだって上がっていただろう。

日本でプログラマーから抜けたいという人は想像以上に多いのでは
と思っている。海外でもニーズが多いことを考えると、
看護師とかプログラマーっていうのはやっぱり大変な職業なのかなと
思ってしまう。そういうITから職種転換したい人向けの
ブログとしても書いている。



会計は看護師とか就職がしやすいのに比べると
感触としては圧倒的に職をGetするのが難しい感じなので、
選んだ職種もまた難易度が高いというわけだ。
もう高難易度のハードルだらけだ。



ただ、それでもキャリアチェンジを目指す理由は、ITプログラミングが
どうしても嫌だから、というのが第一の理由だ。ただ他に、
海外を下見して印象に残ったことがあってそれもある程度動機づけになっている
のかもしれない。



僕が出会った現地の語学学校の先生達はほぼ例外なしに実務経験を積むために、
日本か韓国(中国(台湾?)も1人いた)で英語教師の仕事を5年前後やっていて、
それを見て、そういうキャリアの積み方もありなのかなと思ったのだ。
海外でキャリアを積むというやりかたが。

オーストラリア来てからも、コックが嫌で語学学校の先生になった人に会ったり、
逆に語学学校の先生もう嫌になってエンジニア的職種を1からTAFEで修行しながら、
見習い(apprentice)で時給10ドル前後からスタートして頑張ってレベルアップ
した人にも会ったりした。



そんなわけで、一度ぐらい職種を大きく変えてみるのはありなんじゃないかと
思っている。60歳、65歳、もしくは70歳ぐらいまでずっと働かないといけない
んだから。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。