元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  書籍紹介(一般) >  海外留学生の感想 日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外留学生の感想 日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 その2



前記事
http://workinglifeabroad.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

前記事で長々と書いたが、
個人的な感触では単純労働以外のオーストラリア就職ははっきり
いってかなり難しいので
(もちろん職種によるが)、
結構な割合で失敗するのではと思っている。そしてその失敗
した人たちの受け入れ先が賃金の安いアジア(東南アジアあたり)になっている
のではないかという気がしている。そこでもさらに失敗し続けて、
タイミング悪く親族のサポートも
ゼロになってしまったら、行きつく先は、困窮邦人達と対して変わらない状況に
陥ってしまう可能性は十分考えられる。




なので、ワーホリメーカーや海外留学生は他人事だと思わずに、
一回この本を読んでみることをお勧めする。読んだ後に、自分の状況と
照らし合わせて分析してみるきっかけになればこの本は十分価値があったと
言えると思う。

現地でいろいろ日本人と会って話をしたりもするのだが、
ワーホリ・海外留学後どうするのか着地点がまったく見えず、さらに、
英語力的にも実務でいけなさそうな人も正直いる。
永住ビザ・ワークビザのめどが全く立たないのなら、ワーホリ1年2年終了後、
もしくは留学後は、サッパリと日本に戻って仕事に打ち込んだ方が個人的には
傷は浅くて済むだろう。



僕の場合、この本を読んであらためて、オーストラリアでの現地就職を
きちんと目指そうと気持ちを新たにすることができたし、困窮邦人みたいに
なりたくないとも思った。留学直後に日本での就職
をしたくないわけではないが、留学費用と時間をかけているので、
可能なら海外で仕事をしたいと思っている。



海外留学は仕事とは別の種類でつらい状況になったりすることもあるので、
留学前より、留学中にでも読む本としてお勧めしたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。