元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターンシップ終了

期末テストと前後してインターンシップも無事終了した。
リファレンスレターは、メール&PDFファイルでホストカンパニーの
CEOから無事もらえた。少々味気ないが、紙でもらっても結局
スキャンしないといけないので、合理的ではある。

オーストラリアは、どっか別の会社から採用通知をもらった前後に、
前雇用者から仕事内容・勤務期間(勤務態度も?)等を確認するのが結構慣習として
行われているようだが、つまりその時のために必要なのが
リファレンスだ。
インターン先が前雇用者として、ある意味一定の品質保証をしてくれるというか
身元保証してくれるというかそんな感じである。すごい雑な説明だが。

僕のもらったリファレンスレターの内容としては、
・インターンをいつからいつまでやったか
・インターンでやった仕事の範囲
・勤務態度(総合評価的なもの?)

だ。



最後の勤務態度は、よく勤勉に仕事してくれた、彼は
お勧めできる、的な内容が書いてあったりするのだが、
コピペでどの人も同じ内容のものをもらうのか、それとも勤務態度があんまり
悪いと他の文章になるのか、そこら辺は個人的に気になる。

個人的な感触としては、仕事は勤勉に素早くこなしたつもりだが、
やっぱり英語力はかなりまだ差があるという感じで、本採用につながるかというと
結構厳しいのではないだろうか。よっぽど人が一度にやめて猫の手でも借りたい状況に
なったときぐらいだろうか。



一方で、ほぼ同期で僕より1,2週間前にインターンシップ開始した別部署勤務の中国人
は、無事本採用をGetしたようで、インターン後も間髪入れず働いていた。
別部署といっても物理的な距離は5mぐらいだ。

本採用を即Getできる秘訣というかボーダーラインがなんなのかは、
自分のためにも要分析という感じだ。もちろん仕事ができるという
最低条件は必要なのだが、そこまで難しい仕事をふられているという話は
その中国人からは聞かなかった。周辺の情報ではdonkeyworkといっていたので、
高度な仕事ではないんだろう。


キャンベラの有名大学(多分大学院)を卒業していると言っていたが、
それがどれだけ本採用に絡んでいるのかはちょっとよくわからない。




ただ、インターンをやって思ったのは、もしくは感じたのは、
もう一度インターンをすぐやるより、英語力+永住ビザ申請を優先した方が
就職のチャンスをGetするという点ではいいのかなという感触はあった。
あくまで感触というか勘だが。
この判断があっているかは、1年ぐらいたってみないとわからない。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。