元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  大学勉強 >  夏季期間 期末試験終了

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏季期間 期末試験終了



無事試験終了して、書く時間が出来た。

オーストラリアの期末試験何科目もやってて思うのは、人それぞれ得意不得意は
あるんだろうが、やっぱり難しい科目と優しい科目は基本はっきり
分かれてるってことだ。うちの大学について言えば、TAXの科目は誰もが全員難しいって言う。


僕が(英語力が十分ない人もおそらく)圧倒的に苦手なのは、持ち込み不可で、
かつ、文章をたくさん書かせる試験だと思う。今回1科目そういう科目が出た。


英語が母国語でないから、母国語みたいに、アドリブでこなれた英語を
書くというわけにはいかず、どうしても、やはりある程度
文章単位で丸暗記せざるをえないのだ。そうしないと
1問あたり200word前後 x 数問(5-7問)を2-3時間でなんてなかなか書けない。
そして、僕は、Fランク大学卒からわかるように、
試験直前で詰め込む記憶力には、あまり自信がない。
かといって1か月前に覚えても、200word単位の文章なんて試験当日には忘れてしまうので、
試験直前にやはり詰め込まざるを得ない。

プログラミングやってる限りは、暗記力はそこまで重要じゃなかったので、
仕事でもあまり重要性を感じていなかった。忘れたら本なり、必要なソースファイルを
見ればよかったので、仕事で鍛えられる機会はほとんどなかった。


ここらへんの話は、もしBECのWCで苦戦したUSCPA受験生なら、
留学後も同じような感じで苦戦する可能性が高い。英作文はそれほどまでに
僕含め、多くの日本人にはハードだと思われる。


ちなみに、こういうやっかいな持ち込み不可+英作文タイプの試験にどうやって
対応するかというと、僕の場合、試験1週間前から二日前ぐらいに、一通り試験範囲で
覚えておくべき英文の丸暗記をはじめ、一通り完了させる。
試験2日前ぐらいから
1日3-4時間睡眠で再暗記+試験当日早朝に起きて暗記箇所総復習、といった感じで、
かなりのラストスパートをかける。


僕が思うに、ガンガン科目を落としている人は、大学の難易度を除けば、
自頭がよくなくて、かつ、試験直前にラストスパートをかけられない人
だろう。僕もFランク大卒なので、自頭がいいとは思わないが、
仕事をある程度長年やってたので、ラストスパートかけないと
試験落ちるような危険ポイントはちゃんと感知してやっているつもりだ。
これで科目落としたら悲しすぎるが。


今回の試験は本当に苦戦した。もう二度とこういう高難易度レベル科目の期末試験は
受けたくない。USCPA本試験前より緊張した。USCPAは所詮4択試験だ。試験当日はそんなに緊張しなかった。

まあでもしばらく休めるのでほっとしている。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。