元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  ニート >  NZのニート・ニート的な人について その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NZのニート・ニート的な人について その1

僕はNZに数か月下見したことがあるが、一言でいうと、
日本人が再起を果たすための場所という感じだ。
人の入れ替わりが激しく、NZに残り続ける日本人はかなり少ないという印象。

このページでも記述があるように、ぬるま湯的なところはあると思うし
(だからこそニートが行くには向いているかもしれないわけだが)、
日本の方がチャンスがあるというのもそうだと思う。
http://www.arukikata.co.nz/column.html?page=column_detail&titleid=55&issuenumber=10




ニートではないが、やや近い存在として中高大で学校やめてしまった人が
再起をするところとしても、結構向いているようだ(もちろん、
普通に英語力UPのために自分から希望したり、親に送り込まれるケースも
あるみたいだが)。

このコラムは以前よんでたのだがおすすめ。NZの会計コース目指してる人は
特におすすめ。

http://www.arukikata.co.nz/column.html?page=column_detail&titleid=7&issuenumber=01

また以下のURLでは日本で不登校の学生をNZに送ったりするケースについて
書いてあるが、僕は現地で実際にそういう人にあったことはある。
高校と大学生のケースだったかと思う。
http://www.nzryugakuclub.com/high_school/futoko.html

オーストラリアもNZと似ている部分はある。
http://www.ryugaku-support.com/aus/




僕の印象としては、NZの高校行ってた人はそんなにトラブルがないように見えたが、
(話を聞いた限りでは、NZの高校入る前に必要なレベルに達するまで語学学校
で修行するらしい)、
日本の大学から編入する人や日本の大学卒業してから仕事せずにそのままNZの大学に
入る人は相当苦戦してる人が多かった。本来3年で卒業できる大学を、
5-6年ぐらいかかってしまう人(それ以上?)も見ている。
やっぱりNZの大学の難易度は高校に比べると、相当高いんだろう。

NZ,AUSの大学(大学院でなく)は、overall IELTS6.0あれば大抵ストレートで
入れるはずだが、現時点で、overall IELTS6.5持ってる僕が大学院の授業を十分に
聞き取れないのだ(General モジュールだが)。
大学とりあえず入れちゃったけど、授業まったくついていけない的な日本人は
相当多いと思われる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。