元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  フラットシェア >  ドミトリーの部屋で住める人ってすごいと思う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドミトリーの部屋で住める人ってすごいと思う

時々思う事だが、普段からドミトリーの部屋で住んでる人って
すごいと思う。ワーホリメーカーとかでドミトリーに住んでいる人の
話聞くと素直にそう思う。

ドミトリーとは、一言でいうと相部屋だ。
一つの部屋を2人で使う場合もあれば、4人、6人ぐらいで
共用する部屋であることもある。赤の他人と6人部屋なんて僕は無理だ。

http://first-backpacker.info/at_place/youth_hostel/19


シドニーは家賃が以上に高いので、日本でいう「一人暮らし」は
基本的に無理だろう。
こっちでは、一人暮らしできる部屋の事をstudioというようだが、おおざっぱに
週$350×4=1400/月ぐらいはかかるから、1ドル90円で、12万ぐらいはかかる。
だから大抵部屋を間借りすることになる。

部屋の間借りでもオウンルーム(一部屋一人でトイレ等共用施設シェア)だと、
おおざっぱな相場で計算すると、週$200×4=800/月だからこれでも70000円ぐらいかかってしまう。
ちなみに僕もこのタイプの部屋に住んでいる。
もうこの時点で、東京の一人暮らしと同じぐらいお金がかかるわけで、
シドニーの家賃が東京より高いレベルだと思われるわけだ。

個人的な感覚だと、日本人にいると、「一人暮らし」にこだわっている傾向がある気がしている。
一人暮らししないと自立してないとか考えてるからなのかもしれないが、
月20万ぐらいの月収なのに、光熱費込で7,8万のところに住んだりしてる人がいまだに案外
いる話を聞く。

その点、オーストラリアでドミトリー経験して慣れてる人は、サバイバル能力が異常に高くなってるから、
日本に帰っても、やろうと思えば、一人暮らしにこだわらずに家賃をかなり安くできる。
軽く検索してみたが、これなんか、東京なのに、光熱費・ネット込みで月18000円だ。

ttp://roommate.jp/have/10748


はっきり言って、カプセルホテル1日3000円だとすると、1週間分で1か月分泊まれることになる。
僕はドミトリーは無理だが、40000円ぐらいでオウンローム(一部屋一人)も見つかった。
4万で光熱費込なら十分ありだろう。ネットカフェ生活してる人は、協調性が必要にはなるが
こういうところで生活した方が安くできるんじゃないかなと思う。


これからの低年収世代(年収300万以下)が生き残るには、「一人暮らし」にこだわることをやめるのが
キモになりそうな気がする。そういう意味では、実家暮らしもありなんだとは思う。
収入増やすんではなくて、家賃をいかに減らすかを考えるということは、これから先、必然的に
考える必要が出てくる人が結構出てくるのではないかと思う。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。