元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  USCPA >  引き続きテキストのバージョンアップについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き続きテキストのバージョンアップについて


僕がabit$sと契約した時(つまり金を全額払ったとき)は、全科目の全テキスト、
問題集が一度にでっかい段ボールに入った状態で、全部郵送されてきたのを覚えている。
こんなにたくさん勉強できるの?なんてツッコミも入ったことを覚えている。
バージョンアップ前後の時期の契約だと、テキストのバージョンがどうなるのかは大きな関心ごとに
なるんじゃないだろうか。受講者専用サイト見ると、
FARE1-3の場合はテキスト&問題集だけなら
1万ちょいぐらい(Eラーニング入れるとだいたい2万)バージョンアップに
かかるようだ。おそらく他の科目も同じような値段になるだろう。


今本気で新規契約してUSCPAの勉強を考えてる場合は、全科目を新バージョンで勉強できるのか、
要確認だと思う。他の業者みたいにこまめに教材を更新する会社であれば、無視しても
そんなに問題ないかもしれないが、3年以上ぶりぐらいのメジャーバージョンアップ
なので、個人的には新バージョンをGetして勉強したほうがいいと思っている。

ちなみに僕は、バージョンアップを経験せずに無事タイミングよく
全科目合格できた。


かといって、全科目がメジャーバージョンアップするまで待つと、
来年の6月ぐらいまで待つことになるから、バージョンアップのためだけに
勉強を遅らせるのもどうかなと思う。人それぞれタイミングとかあるわけだ。

大学生の場合、大学3年の時に勉強スタートするのと、4年生の時にスタートするのでは
大きな違いがあるだろう。大学3年の今頃からスタートなら、卒業までに
全科目合格できる可能性もあるが、大学4年の今頃だったらほぼ間違いなく社会人に
なってからも受験勉強してないとダメだろう。そして、社会人になってしまうと
勉強時間がとれずにずるずる受験勉強が長期化して最悪受かった科目をExpireする
羽目になる可能性すら出て切る。それはもったいない。


USCPA予備校を今探しているのなら、教材のバージョンに関しても
意識しておくといいかもしれない。わからないことがあったら、
説明会にいって質問するなり、交渉するなりするのもいいだろう。
高い買い物なので、納得して勉強したほうがモチベーションにおいても
いいだろう。誰だって、損したなーという感情もちつづけたまま序盤から
勉強したくないだろう、ということだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。