元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  USCPA >  テキストのメジャーバージョンアップについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキストのメジャーバージョンアップについて


abit$sがテキストのメジャーバージョンアップをするらしい。
といっても、すでにバージョンアップしたのは、FARE1-3
だけらしい。

abit$sのフェイスブックにスケジュールが掲載されている。

■FAR4&5 2014年1月上旬
■AUD 2014年2月下旬
■BEC  2014年3月下旬
■REG1 2014年5月上旬
■REG2 2014年6月上旬


2011年に僕がテキストをGetして以来、1度もメジャーバージョンアップしてなかった
わけだから、2年以上ぶりぐらいになるのだろうか。いや3年か?
個人的には、メジャーバージョンアップのタイミングぐらいにabit$sで勉強を始めるなら
それなりにメリットがあると思う。

他の会社より(プロアとかT$Cとか)バージョンアップが非常に遅いから、abit$s受講生なら
数少ないタイミングでGetできる新しいテキスト&問題集でサクッと勉強してサクッと合格したいものだ。
AUDは、他のブログ曰く、標準文型が変わったようだが、一度勉強したことを覚えなおさないと
いけないということが普通に起こり得るのだ。
僕自身、AUDの標準文型がガラっと変わる直前でギリギリ合格したので、ずるずる合格が遅れると
さらに合格が遠のくという恐怖は嫌というほど理解している。
要するに、途中で新しいことを覚えなおすのは非常に面倒でやっかいだし、テキストも手修正入ると
読みにくくなるから、新基準施行とか教科書のバージョン変わる前に勉強終わらせたいねということだ。

この試験は、十分に勉強時間とテスト直前に少し有給とれるか頭の中で見積もりとって
(総合職はなかなか厳しいんじゃないだろうか)、いけそうだったら
とっとと予備校と契約して、なるべく早めに合格しないとダメな試験だ。3年4年ダラダラやってるとさらに合格が遠のく。

僕は通信の受講生だったので、実際に先生にあったことは一度もないが、
テキストの完成度&DVD授業のわかりやすさは間違いなく業界No1なんじゃないだろうか
(プロアとT$Cは1部しか問題をやったことないのでなんとも言えないというのがあるが)。
DVDはベスト中のベストの授業内容を収録してるんだなというのは授業を聞いていればわかる。
FAREの一番難しそうなDeferred taxとかpensionでも授業でちゃんと解けるレベルまで持ってってくれるし、
REGの一番難しいだろうbasisも問題解けるレベルまで持ってってくれるレベルだ。

一方でこまめなバージョンアップがしにくいだろうという点でもろ刃の剣なところもある。
僕が持ってるバージョンは、テキストから他教材へのリンクとかいろいろ貼ってあるから、
一か所直すと他も直さなきゃいけないような感じになっていてバージョンアップしにくそうだなというのは
強く感じる。論点カードとかにもリンクしてたような気がした。

個人的には、論点カードいらなくね、という感想なのだが他のUSCPA受講者は
どうなんだろうか。とりあえず僕は、論点カード使わなくても合格したんで使わなくても
合格は可能だと思ってほしい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。