元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  労働について >  ニートが集まる株式会社について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニートが集まる株式会社について


全員がニートで、全員が取締役という会社を作る
プロジェクト(ニート株式会社)が進んでいるらしい。

やってること自体は可能性があることだと思う。
ただ、一つだけ気になることがある。
特に、そこで働くニート(であろう人)達が気になっている。
もし、仮にその株式会社辞めて、転職活動することになった場合、


履歴書の職歴に、”NEET”という名称を含む会社で働いていたという履歴が一生ついて回る



んだが分かってて会社に参加してるのか?という事だ。
なんか誰もWeb上でツッコミを入れてない気がするので不安になった。
いや、あえて参加するぐらいだからすべて承知のような気もする。

個人的には、履歴書にこういう履歴が残るのはちょっといやかなという感じが
本能的にしてしまう。

現在は仮称みたいなので、正式名称がどうなるのかよくわからないが、
大学名とか会社名とか、中身とは別に、名称それ自体も履歴書各上では重要だと思うのだが。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。