元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  大学勉強 >  仕事と学校の両立は大変 & 現地情報について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事と学校の両立は大変 & 現地情報について

ここ1,2週間は本当に忙しくて、これからも2,3か月ぐらいは
忙しさが続きそうだ。大学留学後初の仕事(インターン)と学校の両立だが、
かなり厳しい。自由に使える土日でアサインメントをゆとりを持って早めになるべく仕上げないと
いけない。仕事忙しくてアサインメント出せませんでした、なんてシャレにならない
状況だ。

なんで苦戦するかというと、単純に英語力の問題だろう。あと1年ぐらい大学勉強してれば
(卒業している時期になってしまうが)、
気持ち2,3割ぐらい早く、予習もアサインメントも終わってしまうのではないかと思っている。

個人的には、大学の授業は、計算系の科目は簡単で、読解重視の科目は厳しい。
USCPAで、日本人の多くが、FAREはPassしやすくて、AUDはFailしやすいというパターンと似ている。

大学生活に関しては、オーストラリアの大学で会計専攻している人の生活方法とか、ビザ情報とか
勉強方法とかいろいろ情報がほしいわけだが、オーストラリアの日本語情報自体
びっくりするぐらいネット上に少ないので、さびしいものがある。
はっきり言ってブログの情報でも十分貴重になりうるレベルだ。

現地で、毎月発行される日本語情報誌は、広告が異常に多い。その中では、グルメ系&学校(語学学校がかなり多い気がする)
の話が多い気がする。それはそれで役立つこともあるけど、
別の役立つ情報もほしいなぁという気もする。
伝統的に昔からいた駐在員&駐在員妻向け、もしくは、商売しやすいワーホリ向けなんだろうか。
ほとんど毎月広告を読んでいて、その中のわずかな役立つ情報(ビザ情報)を探すという感じだ。


日本語の情報や日本人ネットワークだけでは本当に限界があるなという感覚が最近結構ある。
ネイティブ環境で互角にやり取りできる英語力をつけないと、いまいち情報の幅とか、行動範囲が広がらない感があって、英語力的にoverall IELTS7.0ぐらいとってからオーストラリア来たほうがよかったかなとも
時々思ってしまう。僕がoverall IELTS7.0に達するにはあと1年かかるか、もっと時間がかかるかもしれない。

海外来る前までの英語力って本当に大切だと思うので、これから海外留学or就職を考えてる人は、
overall IELTS7.0をできればとってから来るのがいいと思うし、このラインが理想に近いかなと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。