元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  インターンシップ >  戦力外通告されたもよう その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦力外通告されたもよう その2

前回記事で書いた通り、
先週のインターンの件は非常に僕にとっては驚きだった。


(前回の記事)
http://workinglifeabroad.blog.fc2.com/blog-entry-59.html

DBのデータやインプットデータをかき乱して戦力外通告を
受けたインターン生がいるという話を現場の人から聞いたのが
今週の前半だった。

東南アジアみたいに、とりあえず就職するだけならできるという
環境はオーストラリアには基本的にないので、僕の場合インターンにトライ
してみてみたわけだ。でも、早速厳しい話を聞いてしまったという感じだ。

結局今のところは、誰が戦力外通告扱いなのか分からない状態だが、
改めてオーストラリア就職の難しさを肌で感じた週だ。

また、いろいろ社内の人間の話を聞いてみると、僕以外にもどうやら結構インターン生
がいるようで(つまり一人二人ではない)、それなら一人ぐらいしくじっちゃったような人が
いてもおかしくないかもしれないとは思った。

日本でITの仕事やってた時、(DB全体か、1マスタファイルかは不明だが)
DB消したことある人とかのはなしは聞いたことがある。。
その入社1,2年目あたりにDB消した人も昇進して、
十分活躍してたので、日本でなら、入社1,2年目ぐらいならある程度失敗しても
(会社と被害の程度にもよるが)なんとかなるのかもしれない。

あまり評価に関して気長に見てくれないことを考えると、
インターンといえども、仕事経験完全にゼロだと実力を発揮するのは
なかなか難しいかもしれないなぁと思ったりした。
まぁ、基本インターンは最長でも3か月だから、終了直前にパフォーマンス発揮しても
もう遅いって感じなんだろう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。