元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  インターンシップ >  試験終了&インターンシップ開始

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験終了&インターンシップ開始

瞬く間に期末試験が終わった。1科目Pass取れるかどうか
微妙な科目があって少し不安だったりする。うちの大学の会計は留学エージェント
がいう内容から判断すると、難易度はそんなに高くないはずなんだが。

それでもかなり試験対策が大変だった。最後の学期に取る科目を今期取ったので、
負荷が増えたからかもしれない(大学にもよるだろうが、うちの大学は
ある程度好きな時期に好きな科目を選択できる)。

他に大変だった理由は、インターンシップをなるべく早めにしたかったので、
アサインメントや試験勉強と並行してインターンシップを探していたのだ。

8月あたりから活動していたんだが、なかなか成果が出てこないので、
先月あたりから、ガンガンアプローチしてなんとか面接→インターンシップまで
たどり着いたという感じだ。面談日なんか、試験日前日とかもあったし。


そして昨日から実はもうインターンシップを始めている。
試験終了後の試験休み的なものはほとんど取れていない状態だ。

スケジュール詰過ぎでしょっていうレベルなんだが。


インターン初日が終わって、感想など書いてみると、
作業自体は何とかできるのだが、業務内容がまだ把握できてなくてやってる
作業内容を十分理解できてない感じだ(給与計算の業務フローが
よくわからない)。要は多少苦戦した。こんなことは、以前プログラマー・SEやってた時は日常茶飯事で、
いつもなんとか切り抜けてきたから何とかなるんだろうが。言われていることは
ギリギリ理解できる、というか絶対はずしちゃいけないところは、
こっちから確認してからやるようにしている。IELTSリスニング6.0じゃ厳しい。

リスニングスキル以外にも、invoiceとかpurchaseとかpayrollとか、
基本的な会計用語ぐらいは把握してないと、会話で何言ってるか分からない状態に
なるので、基本的な会計用語ぐらいは把握してないときついのかもしれない。
実際に、初日からこういう用語が会話でもバンバン出てきた。

USCPAの知識さっそく役に立ってると思う。invoiceぐらい誰でも分かると思う
かもしれないが、速いスピードで話されている中で、頭にすんなり入るぐらい
のレベルまで頭になじませているから意味が把握できるのでは、と思っている。
小学校の九九レベルで、初歩的な会計用語を頭にあらかじめなじませとくというのは、
会計でインターンをやるうえでも必要なんじゃないかという気がしている。

ちなみに、苦戦していると書いたが、僕の場合は、
リスニングスキル微妙&会計用語OKという感じなので、
まだましな方なのかもしれない。両方ダメな人は厳しいかも。
あと、個人的には簿記2級とっていてよかったと思う。
関連記事
スポンサーサイト

こんにちは。授業も終わり、インターン頑張ってるみたいですね!いろいろと慣れなくて大変だとは思いますが、慣れればちょちょいのちょいだと思いますよ。
ブログを読み返させてもらって気付いたのが一点。
スキルアセスメントに関してですが、基本的には大学卒業後に大学から卒業証明書が発行されるので、それをCA/CPA/IPAのどれかの団体に送付して受けることになります。が、たしか485は変わって、2011年11月以降に学生ビザを取得した人は、Study streamにも申し込むことができて、これの場合はSkill assessmentを受ける必要は無かったような気がします。
日本の卒業証明書も必要ないはずですよ。基本的にはこちらの大学(大学院)の卒業証明書だけで事足ります!
では、インターン頑張って下さい!
[ 2013/10/16 16:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。