元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  USCPA >  BECで合格ラインを取るにはその4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BECで合格ラインを取るにはその4

BEC対策まとめも、今までで充分書いたからいらない気もしたが、
書いた方が僕がすっきりするのでさいごにまとめを簡単に書いてみた。

MC

・利用している予備校の問題を十分やる。本番で60-65しか取れない人
は予備校の問題を十分理解して解いてない可能性があるか、ケアレスミスが多いか、
体力がもたないか。

・足りないと感じたらCPAExcelも暗記箇所メインに
たしてみる(僕はやってないが各人の判断で他の参考書を足しても
いいかもしれない)。

・AICPAリリース問題は必ずやる。最新年度に近い奴を優先してやる。

・テストレット1は、難易度がMidiumなので、時間配分を気にしたうえで、
時間配分を多めにとり、確実にテストレット2でdifficultにいくようにする。
ケアレスミスしないように必要であれば見直しもする。特に原価計算とか計算問題。
http://www.cpa-tac.com/us/gaiyo/pdf/4-3_2011_saiten.pdf

WC

・考え方が重要。白紙提出は絶対しない。かといって、
WC3問全問的中させるぐらい勉強時間を割く必要もない。1問的中させて
ほどほどの点数を取れれば合格できると考える(MCのみで70前後
取れることが前提)

・予備校が提供している比較的頻出(であろう)サンプルをできるだけ丸暗記する。
WCは3問中1問は採点されないので、洋書のマイナーなトピックで難しいサンプル解答を
一生懸命覚えるのはあまり得策ではないと思われる。仮で出てもダミー問題だと
割り切って無視する。
http://www.cpa-tac.com/us/gaiyo/pdf/4-3_2011_saiten.pdf

・TAC直前対策のBECテキストのサンプルをできるだけ丸暗記する。高得点を
取りに行くのではなく、ほどほどの点数を取るというスタンスを
理解できるのではないだろうか。
http://www.cpa-tac.com/us/courses/courses_exp.shtml#chokuzen


BECだけ5回6回以上落ちてる人をブログで見て思う事は、
バクチを打たずにMCだけで勝負する結果、かえって効率が悪くなっている気がする、
ってことだ。
初回受験から、ある程度ヤマ張ってWCも丸暗記してれば、案外2,3回受験するまでに
1問ぐらい的中するやつが出てかえってあっさり合格できるかもしれない。
ここは運が絡むし、テキトーなアドバイスっぽいかもしれない。丸暗記と言っても、
ある程度広範囲をカバーしないといけないから受験生の負担が増えるだろう。
ただ、一つ言えることは、MCのみ勉強してうまくいってない人は、、
リスクをとらないと、いつまでたっても点数は大きく変わらないということだ。

僕は、2回目受験時まで67-68だったが、3回目受験時は80点を取った。
取り組み方を変えれば大きく点数が伸びる科目だ。
なんとか読者がBEC地獄から脱出できることを願っている。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。