元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  USCPA >  BECで合格ラインを取るにはその2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BECで合格ラインを取るにはその2


前回の続き。
BECは、日本人には非常に厳しい科目になってきてるようだ。

AICPA 調査開始


上のブログを見ると、2012年の日本人BEC合格率は28%で、
明らかに他の科目より日本人が苦戦しているようだ。

なので、特にWCに関しては試験対策は重要だと思っている。
まず、WCはコンピュータメインで採点されているという情報は
非常に参考になった。下記は合格体験談だが、それ以外にも、ブログ主が直接言及している記事を
読んだのを覚えている(見つけられなかった)。
やはりキーワードを含めるという事は一つの重要なポイントなんだろう。
文字数とか、文法ミスとかも関係ある・・・のかもしれない。

http://blog.livedoor.jp/nycpa/archives/51923513.html

コンピュータで処理してるなら、分からなくてもなんとか文章を
ひねり出して本文書いた方がいいという事なのかもしれない。
という仮定のもと、
僕自身合格した時は、3問中1問問題集がHIT,1問5割HITという感じだったので、
1問は、丸暗記した奴を微妙にアレンジしたかもしたうえで、基本そのまま書き、
5割HITの奴は、分からないながらもなんとか文章をひねり出して書いてみた。
1点ぐらいもらえるかもしれないので。

こんな感じで、WCについての情報を知っておくだけで、試験中に
諦めて何も書かないか、とりあえずテンプレート文章以外で
なんか書いてみるか、行動に差が出るわけで、情報を知ることは重要なのだ。

一方でWCは一切解いてないとかいう合格体験談があったりするので、
一定数受験者が混乱してるんじゃないかという気がする。
というか、僕も一時期真剣にMCにすべてをかけようと思ってた時があった。
WCなんて頭から書けるわけないと思っていたので。
1回目、2回目受験の時がそうだ。でも、結果的に時間と金を無駄にしてしまった。


http://blog.livedoor.jp/nycpa/archives/51869204.html

そりゃ天才クラスはWC白紙でOKなのかもしれないが、凡人クラスは
マネしたら多分落ちるだろう。

BEC3回目受験で合格した時の僕の基本戦略は、次のような感じである。
WCのサンプル解答について事前に分からない単語は
すべて調べたうえで、2週間前から1,2時間ほど時間を割り振り
WCの解答を丸暗記し始めて、特に1,2日前はAICPAリリース問題以外ほとんどの時間を
WCの丸暗記に注いだ。丸暗記するのに、洋書問題集にあるような完璧すぎる
解答は難しくて丸暗記できなかったので、そういう意味では、
A$ITU$のサンプル解答例は分かりやすい物が多かった気がする。
WCに費やす時間は完全にその人の頭の良さにかかっているので、
自分の能力と相談して、自信がないならもう少し時間を取った方がいいかもしれない。

特にお勧めできるのは、T$CのBEC直前対策だろう。MCは不明だが、
WCは文句なしでお勧めできる
。だれでも簡単に購入できるのも利点だ。

http://www.cpa-tac.com/us/courses/courses01_02_03.shtml

サンプル回答数が7前後しかなかったが、パーフェクトな解答例と
日本人向け解答の2つが用意されていて、日本人向けのサンプル文が
非常に覚えやすいようになっている。僕は、日本人向けのサンプル文だけ
全部丸暗記して試験に臨んだ。

またこの直前対策のサンプル文を見ると、テンプレート文以外の
本文もそんなに行数が多くないし、この程度の行数かければ
十分合格できるんだと思わせてくれる(それでもFランク卒レベルの
僕には地獄のような暗記作業だった)。そういう点でもBEC直前対策
はおすすめである。

欠点としては、WCの問題数が少ない事だが、こんな感じで良質のサンプル解答を
もっと増やせばWCはTA$って感じで客寄せできると思うので、
どこかの予備校がやらないだろうか。

まとめると、僕の戦略は、WCの全範囲をカバーしてパーフェクトな長文
解答例を全部丸暗記するのは難しすぎるので、比較的簡単なサンプル
解答(A$ITUS+T$C)を受験直前期にある程度丸暗記して、バクチを打つ、という
感じだった。結果的には、丸暗記したところが1問(+0.5問)的中したから、
合格したと思っている。あまり具体的な数は覚えてないが、
がんばって合計WC20問前後は暗記したと思う。


WCは、どうしてもバクチを打たざるを得ない気がする。多くの日本人は
日常的に英文を書いてないし、かなり専門的な文章を書かないといけないから、
どのWC問題にも対応するのはかなり無茶だろう。
こういう戦略は、BEC1回目受験時なら、打ちやすいのだが、3回目ぐらいになると
だんだん他科目のExpireも近くなるのでなかなか守りに入ってしまう。
つまりMCの精度をひたすら上げる作業になってしまう。
僕は、半分開き直ってたので3回目受験時にバクチを打って見事
的中させたわけだ。

MCの精度をひたすら上げるか、WCに時間を割いてバクチを打つかどうかは
受験者の今までのBECの点数次第だと思っていて、WC白紙(もしくは
お約束のはじめと結びのテンプレート文章のみ)で71―74点あたりで点数が
なかなか上がらないような人はWCを意識するべきだと思う。
一方でMCで60―65しかとれないような人は、WCで挽回はほとんど無理だと
おもうので、MCとWC両方やらないといけないのは確かだ。
65―70点あたりの場合は、結構微妙だが、やはり両方やらないといけないと思う。
僕のケースがこれだ。

僕の場合は、1,2回目受験時は68点あたりだったので、WCで7点以上をとるのは
ギリギリのラインだとは思ったが、3回目で80点を取った時は、
やっぱりWCで点を取りに行くという勉強方法に変えたからだと強く思えた。

点数がなかなか変わらないという事は、何か勉強方法に問題があるのでは、
という事も考えて早めに対策する方がいいかもしれない。

次は、実際にBECで使用した教材、CPAエクセルについて書いてみたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。