元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  日常生活 >  あるオーストラリアAccounting留学ブログがなくなっていた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるオーストラリアAccounting留学ブログがなくなっていた

僕はブログ閲覧にはFeedly(以前はGoogle reader)使っていて、
直接Webサイトを毎回訪れているわけ
ではないから、サイトがなくなっているかどうかは
すぐに分からなかったりするわけだ。なので、今日ある他の
オーストラリアAccounting留学ブログがなくなっていたことに偶然
気付いた時は、ちょっとさびしい気がしてしまった。実はもう1年以上前に
なくなってたのではという気がする。どこかは書かないが。

なんだかんだ言って結構参考になる記事もあるからオーストラリアの情報は
Web探しても非常に少ないので情報源という意味でも残念だし、
夢やぶれた(?)ような感じがするので、
僕も失敗するんじゃないかという気持ちが増幅されてしまう。

留学生活が軌道に乗ってもうブログなんか書いてる必要ないやって
いうならいいんだが。
海外ニート氏に触発されて海外留学を目指したがうまくいってない的な
感じのブログも見受けられるし、
卒業は無事したけど、すぐに日本帰国して職探していい職Getしました
的ないうパターンもある(もちろんこれは、まだ全然マシだ)。

実際シドニーでの大学生活を送ってみて感じることは、それなりに大学の勉強を
しないといけないということ、IELTS overall6.5では全然英語力は足りないと
実感するから
(主にReading,Listening)、暇な時間は多くを英語の勉強に使わざるを
えないという事だ。実際、今期も授業によっては、9割がた何言ってるか分からない状態
で、アサインメントで点数ちゃんと取れてるか非常に不安だったりする
(まだ
現時点で結果が返ってきてない)。
もともと引きこもり度の高い人だったら、1年半―2年間も留学なんてとても
耐えられないんじゃないかって気さえしてしまう。

日本の労働環境が嫌で海外留学考えてる人は(特に日本の大学卒業してから
仕事をまともにしたことがなく、引きこもり気味のニート)、
長い勉強まみれの留学生活に耐えられるかとか、卒業後もオーストラリアに
居続ける強い意志を保てるかどうかとか、よく考えて下調べを十分してから
実行することをお勧めする。
最初から良く考えたうえで留学して、日本に戻って
就職活動する予定だったりするならそれはそれで全然OKだと思う。
海外就職を夢見てて、でも失敗して日本で就職活動するしかなく、しかもまともな就職先が期待できないっていうのが一番悲惨だと思うので。

と、言ってる僕自身がそれに近い状態になる可能性があるので、がんばりたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。