元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  大学勉強 >  明日期限のアサインメントが終わってない&中国人の力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日期限のアサインメントが終わってない&中国人の力

そもそもこんなの書いている状況ではないのだが、現実逃避的に書いている。

あと一カ月以内にトータル6000-7000word書かないといけないんで
ブログ更新が止まっている。いまだに仕事はGetできてないんだが、
そもそも仕事を取ったとしても、アサインメントやりながら、
こなせるのか心配なところがある。やるしかないわけだが。

一方で、クラスに何人かいる中国人は、仕事をガンガンしながら、ほとんど同じ量の
勉強をやっている。話している限り、英語力は僕と同様レベルな感じなのだが、
ちゃんと科目を落とさずになんとかやりくりしてるからすごい。

ちなみに、僕は、1個目のアサインメントが期限明日なのだが、
いまだに提出しておらず、昨日中国人と話したら、
「じゃあグループ組んで課題だそうよ」
みたいなことを言われ、急きょグループを作成。僕の作成したファイルを基に
点数が上がるように図とかリファレンスとか文章とかいろいろ追加するとか
言っていた。すごいのは、彼らは期限二日前なのに、アサインメントをほとんどやってなかったようだ。
それなのに、高い点数がほしい、僕のでは6割ぐらいしか取れないなんて言えるところが
すごすぎる。ちなみに、明日期限のアサインメントは1人でもグループでも提出Okの課題だ。

僕は、文章はともかく、数値計算系は正解率が高く、他の中国人の
グループと議論した限り、おそらく全部あってるようで(ただ、僕含め、全員確信をもてていない)、
それなりに信頼されているようだ。

僕はグループを組んでる中国人グループとはとってる科目が少しだけ違うのだが、
彼らはもういっこのアサインメントの期限が来週らしい。それでも、
全然大丈夫な感じで、焦っていない。
普通1週間以内で、アサインメントを2個仕上げろという状況だったらふつう焦ると思うのだが。
中国人の大きなネットワークを使うと不可能が可能になってしまうのかもしれない。

最終的に無事に提出するまではまだ結論をだせないにしても、中国人は味方につけると
強いかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。