元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  IELTS >  IELTSのライティング通信コース受講中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IELTSのライティング通信コース受講中



今、17日のIELTSに間に合わせる形でIELTSのライティング通信コース(日本の業者)
をとっている。採点してもらったものを見てると、そんなに悪くはなく、
試験問題しだいで全て決まってしまうとはいえ、
変な問題が出なければ、6.0を取れる可能性は十分あると思っている。
感想としては、こういう会社のサービスは本当に頼りになる、だ。
気が向いたら通信コースについてもなんか書いてみたいと思う。


はっきり言って、リーディングとリスニングは教材使って大抵のヶ所は勉強できてしまうし、
ライティングは、通信コースとってしまえば、海外のNZやAUSの語学学校に週300―400ドル払って、
IELTSコースだかを無理に受ける必要も基本ないと思っている。すでに、all section6.5ぐらいで、短期間にIELTS all section 7.0ほしいとかなら話は別だが。


また、英語勉強してるから、日本の業者を利用したくない、なんていう発想は僕には
なかったりする。値段にもよるが、必要なら迷わず日本の業者を使ったり、日本人の力を借りるスタンスだ。
海外の英語教材なんて、今の所IELTS演習教材以外は1,2冊ぐらいしか持っていない。
日本の英語教材は本当によくできていると思っている。リーディングでは特に大学受験対策本は本当に
たよりになる。


ライティングだが、1年半前以上前は最高でも5.5、ほとんどの場合は4.5-5.0しか
とれなくてつらい思いを長い間してきた(あまり勉強してなかったのもあるが)。なので、最近は
レベルアップを実感できている。大学準備コースのエッセイや、大学院での
アサインメントをこつこつこなしている成果が出ているのだと思う。
やってて無駄ではないと感じさせてくれる。

ただ、リーディングとリスニングとは違って、どうしても試験前の準備が
必要になるPartな気がしている。USCPAと同じで、試験直前のラストスパートが
どうしても必要な気がするのだ。

USCPAのラストスパートに関する関連記事は以下。

http://workinglifeabroad.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

英語力が少ないから大学が終わるまでは勉強に専念、すべきなのかもしれないが、
年齢的に考えて、時間が十分に残されているわけでもないので、のんきなこと
を行っていられるわけでもない。なんとかしないと、という感じだ。


といっておいて、今月はIELTSとアサインメント準備で全部時間を使いそうなのだが。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。