元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  IELTS >  今月IELTSジェネラルを受験

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月IELTSジェネラルを受験

卒業後に卒業生ビザが必要なのだが、
IELTSオールセクション6.0が必要なので、
今年のうちに受けて運がよければ、6.0取れるかなと思って
今月受けてみることにした。ジェネラルモジュールで。
スピーキングとライティングが両方6.0行くかどうか微妙なレベルだが。

もう1年半ぐらい受けてないんだが、いまだにoverall5.5じゃ
恥ずかしすぎるんで、なんとかオールセクション6.0、
もし無理でもせめてoverall6.0は取りたいと思っている。
点数が上がれば、モチベーション高くなるし、ある程度期待している。

あともう一つの理由は、インターンシップをやろうと考えていて、
IELTSの成績が必要なところもある(かもしれない)ので。
受験料が高いので、あんまりみだりに受験したくはないのだが、
先延ばしにしてもいいことないし、万が一来年オールセクション6.0
取れない事態が生じると、手遅れになりかねないので。

スケジュールはやや厳しめ、で設定しないと、というのは、
会社生活時代にしみついた発想だ。個人的には、大学卒業後に、
日本の仕事が大変そうだから、そのまま海外で暮らそうかとか考えるより、
日本の会社でもまれていろいろ葛藤してからにした方がいいのではと思っている。
もちろん、鬱になるまで会社に残って、鬱が重症化しない前に会社辞めるとか
タイミングや加減はなかなか難しいのだが。

個人的に海外に留学している日本人を見ていると、科目をたくさん
落としている人は、コースの難易度もあるんだろうが、日本での社会人経験がない人(とかバイトレベルしか
やってないとか)だったりする人が該当しがちなのではと思っている。
おそらく、中長期の納期を意識したりする経験がなかったり、納期厳守に対する意識があまり高くないからなのではと推測している。

話がIELTSからそれたが、そんな僕も英語力とか人に自慢できるようなレベルでないので、
人様に偉そうに言える立場では全然ない。まず自分の事、IELTSをきちっと課題解決していきたい。

関連記事
スポンサーサイト

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/08/06 20:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。