元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学準備コース(EAP)入学後その3


その2はこちら

http://workinglifeabroad.blog.fc2.com/blog-entry-33.html


僕は、結果的には大学準備コースを無事1度で卒業した。
総合で70%以上を取り、結果だけはかなり余裕の点数で卒業したが
(オーストラリアで4年ぐらいいる人とほぼ点数が同じだった)、
大学院の成績同様、最後の最後まで結果が分からない以上、手を
不用意に抜くとFailしかねないので、楽したいなら、手の抜き方をうまく
工夫する必要はあると思う(エッセイを適度に手抜きしたり、
サボれる授業日を見極める必要がある)。僕は全く手を抜けなかったが、
そういうのがうまいクラスメイトも実際いた。大抵そういう人は
英語力がみんな高かった。

ちなみに、Failした人数だが、15人ぐらいいる中で2人Failしたようだ
(自分で脱落した人1人を追加すると3人か)。足りない点数が1点ぐらいなら、
オマケで卒業できるらしいが、その二人はそういう感じではなかった感じがした。

その二人を普段から見てる感じではやはり一番不真面目な感じで、
学校的には、不真面目な感じの人間を大学とかに送りたくないという
気持ちもあるのかもしれない(もちろん普通に出席率とか、点数が
足りなかったらしいが)。

あと、エッセイとかライティングがよければEAPを卒業できそうなイメージがあるが、
実際には、僕が行ってたEAPは普通にリーディング、リスニング、ライティングの
ペーパーテストが存在して、EAPの上位ランクにいけるか、修了できるかが決まってしまうし、
場合によっては、エッセイがよくてもそういうテストで引っかかって最後の最後
のペーパーテストでFailすることもある。

やっぱりR,L,Wは普段からトレーニングしないと結局ダメだということだろう。

ちなみに、大学付属の語学学校ではないので、このコースが終わった時点で、
ほとんどのメンバーとは離れ離れになった。みんな行く学校が違うからだ。
ここら辺は大学付属の語学学校よりも
デメリットだと思った。ただ、費用的には大学付属に比べると、圧倒的に安いので
(でもまだ高い)、シドニーUniとかUTSを語学学校使って入りたいなら、
安い語学学校で特訓してから、最後の最後の3か月ぐらいだけ
付属の語学学校に入ってサクッと修了するのがのが費用的にはまだマシだろう。
結局基礎英語力がないと、有名学校では太刀打ちできないだろうから。

こんな感じで、数回にわたってEAPコースについて書いてみたが、
いろんな理由で、1年間、1.5年間とか独学で英語勉強に集中できる時間はないけど、
大学入りたいという人は検討してみればと思っている。
関連記事
スポンサーサイト

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/07/08 21:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。