元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学準備コース(EAP)入学後その2

リサーチエッセイ修了後は、
プレゼンの課題をやった。プレゼンの課題はあらかじめ
何個か課題の選択肢を与えられて、その中から自分のやりたいのを選ぶ形式だ.
ビジネス系の課題は結構あったし、
social responsibilityというのがあったので、会計士試験でやってる
会計の説明責任と合わせてプレゼンができた。はっきり言って、アイデアさえあれば
全体像が頭にあれば、プレゼン資料も話す内容もすぐ決まるので、
この課題は楽勝だった。逆にもし全体像がないと、一から調べないといけないので
なかなか厳しいと思う。

僕のスピーキング能力ははっきり言ってクラス全体でも下位20%に入るレベルだが、
プレゼン用のメモを読むことは可能だし、しゃべる内容をがんばってできるだけ
暗記しておけば、プレゼンで及第点は問題なくとれると思う。

メモを読むとわずかに減点されるようだし、ほとんどの人はメモなしで頑張っていたが、読んでも及第点は取れる。こんな僕でもプレゼンの成績は70%ぐらいとった。


これも、エッセイ同様わかりやすさがポイントで、
その分野の知識がほとんどない人にでも分かるように説明できる事がポイントだと思う。内容が分かりにくくても、パワーポイントの文字が小さすぎて読めなくても、
最後まで無難にこなせれば55%-60%ぐらいは
とれるのではないか。
具体的に言うと、途中でしゃべる内容忘れてプレゼン続行不能になったり、
半分しかしゃべってないのに時間制限過ぎて終了、とかない限りFailにはならないだろう、少なくともEAPコースでは。

先生も言ってたことだが、事前にリハーサルをやって時間を測る事は必須だろう。
でもこういうポイントさえ抑えればプレゼンはそんなに心配しなくていい課題だと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。