元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  過去ニート期間(USCPA) >  正真正銘リアルなUSCPA勉強時間を公開してみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正真正銘リアルなUSCPA勉強時間を公開してみる。

とはいっても完全なデータではなく、
FARE、REG合格(1度の受験で合格)、および、
BEC、AUDは1回受けた時点でのデータになる
(BEC,AUDともに3度目の受験で合格)。
オーストラリアの大学準備コース行く時点で、勉強時間のデータを取るのを
やめてしまったので中途半端なデータになっている。

また、A&AはTBS演習の時間が他の時間に割り当てられてしまっていたり、
BECの記述問題の時間も同様にうまく割り当てられてなかったり、
問題集2周目以降は全部「演習」でまとめてしまっていたり、ほかにもグダグダな個所があるが、
基本的には約1年半のデータの集計を毎日欠かさずきちんととっている。
もし全部一度で合格できればFランク大卒レベルだとこのぐらいかかるという
いいサンプルになると思う。特にFARE、REGはいい参考になると思う。
1度で受かる可能性の高い科目だからだ。

何はともあれ、下の画像を見てほしい。元データから、
エクセルのピボットテーブルで作成した。

USCPA勉強時間

このデータから分かるように、
全部一度で合格できれば、大学偏差値50以下レベルでも1600時間前後で
合格できるということだ。ただ、全科目1度で合格できるような人は
Fランクレベルではないだろう。ちなみに、もちろん1000時間でなんて
合格できなかったわけだ(苦笑)無理でしょう1000時間は。

さらに、データには書いてない、残りのAUD、BECを合格するために
半年追加でかかったから多分500時間ほど追加でかかっただろう
(1.5年で1600時間かかっているため)。
推定合計2000時間ぐらいかかったことになる。

2000時間を多いと取るか少ないと取るかはとらえ方次第で、
日本の公認会計士に比べればそりゃはるかに楽だろう。
でも、1日2時間勉強したら、1000日かかるわけだ。
僕の感覚ではどう考えても1000日は長い。約2年の750日でも十分長い。

仕事をやりながら取得を検討している方は、1日2時間前後の勉強時間が
仕事と睡眠の合間に入った上で、2年ぐらい頑張れるかイメージするといいと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。