元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  過去ニート期間(USCPA) >  Fランク卒レベルががUSCPA普通に取れるのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fランク卒レベルががUSCPA普通に取れるのか

Fランク大学卒業レベルで受講当時の英語レベルは底辺レベル、
こういうニートがUSCPAって取れるのという問題について話したい。
同じ偏差値レベルの人ででUSCPAとろうか迷っている人には参考になるだろう。

以下、Fランク卒レベルを基準に考えていきたい。

結論から言うとUSCPA取得はニート期間必須だ。
ただ、勉強始めた時から最後までニートというのは、お勧めしないし
避けることはできると思う。


USCPAを取るのに必要なのは環境だと思っている。
環境ってなにかというと、勉強する時間が作れる環境かどうかということだ。
USCPAの予備校は結構女性に受講をアプローチしている節があるが、
事務職とかやってる女性は定時で帰れるから勉強する時間もあるし、
ターゲットとして最適なのだろう。
http://www.cpa-tac.com/us/womens/

一方で、普段日はほぼ仕事と睡眠と食事のみ、土日も勉強や
場合によって出勤で駆り出されるような総合職の人がやるには(以前の僕)、
早慶上智以上とかよっぽど頭の回転が優れている人でない限り、
仕事しながら合格は厳しいと思う。
僕は全期間ニート時に取ったから分かるが、仕事しながらだったら多分
無理だったんじゃないだろうか


単純に空き時間を毎日1.5-2時間作って土日は4,5時間やって
なんとか1年に1000時間勉強できれば、1科目目受験にこぎつけるだろう
(4科目通しで1周して、受験要件を満たした後の話)。ここまでは定時上がりの人なら
できるだろう。総合職の多くはこの時点で脱落する気がする。

さらに500時間ぐらいかければ、FAREだけならなんとか
仕事しながらでも取れるだろうが、そこから先が難しいということだ。なぜなら、経験上感じることは、
この試験には(僕のようなFランク大卒レベル脳には)ラストスパート期間が
必須ではないかという風に感じるからだ。言い換えると、勉強時間数だけが重要なのではなく、
直前期の猛勉強が必須ということだ。この試験はやはり暗記が必要な部分が
どうしてもあるし、範囲が広いので1か月もすると案外忘れてしまうものだ。
だから、1―2週間前から勉強に1日中集中できる時間が必要になるわけだが、
仕事をしているとまず
無理だろう(1週間休めそうなのは、ゴールデンウィークと正月前後ぐらいしか
チャンスがない)。

僕みたいなニートで一日中時間があっても、合格ラインの75点よりわずかに
上だったり、監査(AUD)やBECみたいな科目は、2,3点届かなかったり
するのだ。問題集を500問700問2週間前に通してやっても落ちる。

この試験は科目合格してから18か月以内に4科目全部合格しないと、その科目が
EXPIREしてしまい、その科目を再受験する必要がある(1科目あたり3カ月に一度受験が可能)。
http://www.cpa-tac.com/us/gaiyo/guiyo01_02_2.shtml
僕自身、合格なんとかできたものの、あと2回連続で科目合格を落としていたら(特にBEC・AUD)
EXPIREしてしまい大変なことになるところだった(AUDは3回目受験で
合格したがギリギリ合格で、いつ落ちてもおかしくない点数だった)。

つまり、ちんたら受験しているといつまでたっても合格できない試験でもあるので、
毎年、ゴールデンウイークや正月休みまで待って受験とかはできないだろう。

長くなったので次に続く。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。