元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残りはWriting

3月14日の結果だが、2月28日のひどいSpeakingの点数から一転、
ようやく7.0以上を取ることができた。
ウーロンゴンで受けると点数が上がるとか、インターネットやシドニーで
うわさを聞くが、個人的に思うことは会場ではなく、やはり、試験官次第
だと思う。つまり、自力でコントロール出来る余地があまりなさそうだ、
ということ。

本試験を複数回受けて思ったこと。
Speakingで高得点が狙えそうなときは、
Part3で聞かれる質問の数が普段より多いという印象を受けた。
ひどい点数を取った2月28日では、
Part3では2つしか聞かれなかったのに対して、
今回は5,6つは質問を出された。
USCPAでいう、合格できそうなときは、
問題が難化するというシグナルみたいなものだと思ってもらえると
USCPA受験者にはわかりやすいかも。
ただ、気のせいかもしれないのであくまで参考に。

懸念材料としては、試験官次第では
またひどい点数になる可能性が十分ありうるのだが、
一度でも7.0以上が取れればあとは先が見えてくると
思うのでとりあえずよかったと思っている。



やはり、(僕の周りの人間だけ見た限りでは)他の準英語圏の人間でも
7.0以上がなかなか取れないWritingが最後の壁になってきた。
Writingだけは未だに7.0以上を取ったことが一度もない。
Writingはもともと重点的に頑張ってきていたはずなのだが、
未だに壁を突破できない。実力の向上は実感できているのだが、
7.0の壁が単に高すぎるというだけか。
Writingの6.5と7.0の違いはあまりにも大きすぎる。

考えられる理由の一つは、問題の範囲が異常に広いということだろう。
通信添削で少なくとも20-30回分のTASKは課題をこなしているが、いまだに、
全範囲を網羅したという感じがまったくしない。
未だに本試験を受けると、新しい問題が毎回出るというイメージがある。
まだ添削してもらう量が少ないという事なのだろうか。

それでも、だんたん可能性が見えてきたのでもう少し頑張って見たい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。