元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  IELTS >  本試験のリスニングの音が聞き取れない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本試験のリスニングの音が聞き取れない


今年最後のIELTS試験を受けてみたのだが、
自分の耳がおかしいのか、会場のリスニングのスピーカー音が異常におかしいのか、
ケンブリッジの公式問題集より全然リスニングの感触がよくなく、
ボロボロだった。全体的に喋ってる人の声がこもってて、
クリアに聞こえないのだ。過去問解いてる限りでは、
楽勝なはずのSection1すら満足に聞き取れなかったというのが僕にとって異常事態だ。

ネイティブスピーカーの声がすごく聞き取りにくい人を採用しているのだろうか。
最近難易度が異常に上がったのだろうか。
他の受験者の感想が気になる。

あと、1年以上ぶりに受けたらWritingの解答用紙が変わってた。TASK毎に別の
紙を使う形式になったようだ。これは別に不利益はなかったが、
他にも変わってきているんじゃないかと、気のせいかもしれないがそう思ってしまう。

もしかしたら自分の耳が慣れてないだけかもしれないので、
それを確認するのもかねて、来月もう一度受ける予定。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。