元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  日常生活 >  オーストラリアでKindleは普通に使えるようだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアでKindleは普通に使えるようだ

今まであまり読むゆとりがなかったので、
ここ最近、息抜きにKindleで本を読んでいる。

海外だと、ダウンロード制限がある、ないとかいう話を
ちらほら聞いていたが、もう10以上ダウンロードしている。
もちろん、Kindle自体は日本で購入した。
全く問題なく購入からダウンロードまでできている。
購入処理自体はコンピュータを使って、ダウンロード先に
Kindleを指定している。

前にも書いたかもしれないが、
Kindleの力が発揮されるのははっきりいって日本じゃなくて、
海外滞在時だろう。オーストラリアで最も栄えているシドニー
ですら、日本語の本が新品で買えるのは現状kinokuniyaだけだし、
値段が2-3倍だ(これでもないよりかは絶対あった方がいい。)。
日本語書籍が売ってる古本屋も現状1件しか見つからない。本当に日本の本屋を数件
シドニーに回してほしいぐらいだ。

個人的には、参考書とかは、荷物になっても紙媒体で買ったほうが書き込みもできるし、
いいかなとは思うが。もっとも、Kindle対応している参考書なんてまだそれほど
多いとも思えないが。

日本にある本屋は本当に過当競争で、どこでも苦戦してると思うのだが、
オーストラリアに、メルボルンとかシドニーの郊外に1件日本の本屋が
出来ればオンリーワンにすぐになれると思うのだが。
一番のネックは、日本―AUSの郵送料で、なかなか参入しにくいのだろう。
広々としたスペースなんかそんなにいらないから、どんきみたいにたくさん商品を
置いてほしい。

関連記事
スポンサーサイト

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/11/15 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。