元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  IELTS >  模試2回目結果 & おすすめスピーキングサンプル動画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模試2回目結果 & おすすめスピーキングサンプル動画

模試2回目を受けてきたので結果を書いてみる。

R:6.0,L:6.0,W:5.5,S:6.0 overall:6.0

前回よりましな結果にはなったんだが、1週間で能力などほとんど変わらないので、
一喜一憂してもしょうがないとは思っている。

Wは、TASK2がよくあるAdvantage&Disadvantage,AgreeOrDisagree系では
なく原因&解決方法のやつで、日本人の多くはこれが出るとAcademicTASK1の
プロセス図並みにゲームオーバーなやつだと思われる。
模試には全然典型的なのが出ない。
やったことがない問題なので、当然、ほとんどアドリブで文章を構築する必要が
出てきて、5.5がやっと。

Sは、Pronounciationは、安定の6.0。参考にいっておくと、店とかでの
注文レベルでは、2回聞かれることはないレベルで、インターンやってた時も
ほとんど2回は聞かれなかった。それでも、6.0なので、7.0はそうとう
骨が折れると思う。LとRの使い分けを指摘された。ちゃんと使い分けてたつもりだった
のだが。

Grammarは7.0を取れたが、もうちょい出来が悪いと6.0になると
言っていた。この項目は6.0 Or 7.0でイマイチ安定しない。

Lexical resource(ボキャブラリー)は、基本レベルでは問題ないけど、
ボキャブラリーとかが普通すぎるので、もうちょい難しいのを
使ったほうがいいと言われた。6.0.
この項目は、一番試験テクニックでカバーできる可能性が高そう。

問題なのは、Fluencyで、ポージング時間が多かったり、
1センテンス中に複数ポージングがあるのと、
速度が遅すぎるのがダメっぽくて、5.0.
個人的には6.0はいってると思うのだが、現状で満足してはいけないので、
日常会話で速度を少し早めてみようと思う。



ちなみに、おおざっぱだが自分のスピーキングレベルを参考にする場合、以下の
動画が非常に参考になる。というか面白い。

https://www.eiken.or.jp/speakingtest/

ようするに英検のサイトなのだが、大きく分けて3パターンのIELTS用動画が
あって、たとえば4.0-5.0だとこんなレベルで喋れば大丈夫だよ的なのが分かる。
ただ、あくまで参考にするだけにした方が良くて、

4.0-5.0の動画はこれで5.0取れるのかという結構衝撃的な内容

になっているのでIELTSを
受けようと考えてる人は見てみるといい。繰り返し言うが結構面白い。
ちなみに、僕の独断だと、2.0-3.0レベルだと思う。いや、ほとんど喋って
ないし。
他に、6.5-5.5レベルの動画を見ても、どう見てもせいぜい5.5-6.0レベルだろう、
6.5はまず無理だろうとか、いろいろツッコミどころがあったりする。
まぁ、あくまでイメージだろうからしょうがないんだろうけれど。


SのPronounciationに話を戻すと、なんとかして7.0とれるようにしたいんだが、
今から2,3か月頑張ったところでもう遅いといった感じになってしまう
のだろうか。模試なので辛めに採点されているのかもしれないが、
クセが短期間で治るとも思えないし、かといって
6.0のままだと他の項目でカバーしないといけないのでSトータルで7.0が
かなり難しくなりそうだし。迷いどころだ。

とにかく卒業までには少なくとも7.0を複数パート(R,L,W,Sのうち2個以上)
でとれるように何とかしたい。

関連記事
スポンサーサイト

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/26 17:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。