元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終学期の期末テスト終了

最終Termのテストが無事終了した。
しばらくテストに集中していたので、更新が途絶えてしまった。
結果はもちろんしばらくしてから出る。
もちろん全部Passしないと、即留年、そして科目の再受講費用&
学生ビザの延長費用&生活費
がのしかかるので、結果が出るまで安心できない。



卒業後、どうするかだが、はっきり言って決まっていない。
IELTSをすぐに7.0取るべきか、こっちで仕事しながら
1年後ぐらいまでにゆっくり時間をかけて取るべきか
迷っている。そもそも永住ビザなしで
会計の仕事が取れるのかという問題もある。
仕事をしだすとIELTSの勉強ができなくて、職場によっては
日本語比率が非常に多くなってかえってスコアが下がるのでは
という不安もある。実際、ビジネスビザで日本食関連の仕事をしていた
人間で、長期滞在しているのに英語力が高くない印象の人を知っている。
一例としては、週6日勤務で朝から夜遅くまで日本食デリバリーとか。
でも、一番不安なのは、永住ビザ申請を先延ばしにしていると、
来年から申請不可な職種になる可能性だろう。



じゃあ、ぐだぐだ言うなら、今勉強してとっととIELTS7.0取れという話なのだが、
簡単に取れたら苦労はしないのだ。
ゲームではないのだから、パラメーターをちょこっと上げるような感じで
スコアは取れるかというと取れない。
実際、僕の周辺でもIELTS7.0取得をあきらめて別ルートでの取得を
検討している人間は何人かいる。
Reading,Listeningで余裕で8.0取れるような人間でも、
Writingで6.5止まりという人は本当に多いと思う。
自国の大学ですべて英語で勉強して、こっちの大学で英語で勉強しても
Writingが7.0に届かない人間もいる。もう6回受けてるらしいが、
一度もWritingが7.0にいかないらしい。
来年3,4月になると誕生日を迎えて年齢の永住権ポイントが下がるらしくて、
ストレスがすごいたまってるようなことを言っていた。



ある程度IELTSを受験している人ならみんな知ってることだが、
Writingが一番難易度が高く、受験テクニック的な要素が一番必要だと
思われる科目だ。IELTS関連の教育機関もWriting7.0突破に関して、
ほとんど明確な指導方法を確立できていないようだ。
日本のIELTS関連の教育機関もオーストラリアの方も。
添削&サンプルアンサー暗記以外に有効な方法を提供できてない。



僕自身もシドニーで足を使って
いろいろ探しているが、決め手となる方法をいまだに探せていないのが
現状だ。Writing通信教育を使ったりもしているが、
独自にいろいろ研究して自分独自のパターン(テンプレートとか)を作ってね、
という感じで、必勝法を公開していない。もっとも、
公開した時点で必勝法でなくなってしまうだろうが。
正攻法で2か月ぐらい勉強したら7.0に自然に上がる、なんていう
夢のような学校があったら教えてほしいぐらいだ。


とりあえず、来月あたりにIELTSを受けて点数見てから
判断しようかと考えている。おそらく僕以外も
この卒業時期、みんな受けるだろうと思う。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。