元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USBドライブを盗られた - エッセイの盗作リスクについて

最近USBドライブを盗られて、今はあまり気にしてないが、なくした直後は
かなり動揺した。金額だけなら8ドルぐらいでたいしたことないのだが、
問題はデータで、課題のデータとかが入ってて、万が一他人にコピペされて
提出されると場合によってはそれだけでその科目はFailになりかねないし、
場合によっては致命傷レベルになる。

今回は、盗られたUSBに入ってる文章量がエッセイ全体の五分の一以下でなおかつ、
エッセイの締め切り直前後だったのと、結果的には盗作検知ソフトのsimilarityが
10%前後だったので、
とりあえず安心している。

馬鹿みたいに、Fail(場合によっては退学)覚悟で他人の文章をコピペするやつなんか
いるのかと思うかもしれないが、はっきり言っていくらでもそんな人間はいる
というのが、大学生活を通して感じていることだ。不正をあまりしないという点では、
日本人はむしろ例外なのかもしれない。

先生から、以前Law系科目で、
20-30人単位で不正発覚でFailになったという話も聞いている。
なんでそんな人数になるのかだが、先生曰く、
3人ぐらいでグループを組んで、さらにグループ間でエッセイの
データファイルをやり取りするとそのぐらいの人数になるのは
普通にありえるという事だ。

自分には関係ないや、と思う留学生(および留学志望の人)がいるかもしれないが、
関係大ありなので、気を付けたほうがいいと思う。
もちろん一人の場合でも、USB紛失等データ管理に気を付けなければいけないのだが、
もっとリスキーなのは、グループを組んだ時。
一人でも不正に関する意識がゼロなダメ人間がいて、コピペとかをされると
まきぞえを食らって何もしてないのにいつの間にか連帯責任扱いになって
Failという悲劇が普通にありえる。
母国にいたときのノリをオーストラリアに持ってきて失敗するんだろうなと
思っている。


こういうのに巻き込まれるのは理不尽すぎる、と思うのは無理もないわけだが、
実際に仕事をしてる時だってこういう理不尽な状況は生まれるわけだから
(実際に日本で仕事をしている人はいろいろひどい目に会ってるだろうと思う)、
シュミレーションだと思って頭を絞ってなんとか解決して乗り越えてほしい。
というか、僕自身も乗り越えないといけないわけだが。

スポンサーサイト

最近見ているサイト スキルセレクト

最近、移民局の以下のサイトを時々見ている。

http://www.immi.gov.au/Work/Pages/SkillSelect/SkillSelect.aspx

要は、永住権に関係する、職種一覧と、年毎の上限が載っている。
見る時期によって、リアルタイムに数値が変わるわけだが、
7月あたりに数値がリセットされて、上限も変わるようだ。
で、人数がMAXになると、その年はもうダメっぽい(らしい)。

現時点(2014年9月16日)あたりの数値を見ると、
パッと見で、accountantとIT系職種全般は、人数(Results to date)
が増えるのがかなり早い。
ここらへんの職種の人はかなり気を付けないといけないかもしれない。
現時点で、会計は約5000に対し900が、IT系はすでに、
5-4分の1が埋まっている。7月から計算してまだ2か月半しか経ってないので、
だいたい10か月ぐらいたつともう満杯という感じか。

そこまで急いで申請する必要はない、と考えるか、
来年法律が変わるかもしれないから、急がないと、と考えるかは
人それぞれだろうが、当事者(ビザ希望者)からすれば、
法律が変わるリスクを考えればあんまりちんたらしてられない、と
おそらく思ってるはず。僕もその一人だ。

一方で、Nurseは、上限の比率と比較するとまだまだゆとりがある(現時点で500)
ので、まだまだ需要があるということだろう。それにしても、Nurseだけ
上限約15000で、5ケタなのだから、よっぽど人が必要なんだろう。日本と同じような感じか。
今一緒にグループ課題をやっているクラスメイトに元看護師のフィリピン人がいるが、
会計に転向している。どの国でも看護師は大変なんだろう。

ちなみに、シェフは12/2500だ。2014年7月からいきなり復活して(また
なくなるかもしれないが)ほとんどの
留学生が法律変更にまだ対応できてないのだろうか。
それとも、シェフ志望者でIELTS高得点(7.0とか)を
どれだけ取れる人がいるのかという問題なんだろうか。両方っぽいが。

そんな感じで、永住ビザを考えている人は、この上記URLの表を見て、
オーストラリアの人材の需要とかを自分なりに分析してみるといいだろう。

日本語サイトだけだとどうしてもオーストラリア情報は限界がある。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。