元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Term1 期末試験直前


期末試験の準備ラストスパート中だ。今回は個人的に
一番シビアなTermで、
一番最初に受ける科目が会計12科目中最もシビアな科目だと
個人的には思っている。

なぜかというと、

・持ち込み不可
・計算問題がない
・全部エッセイ問題


だからだ。
短い試験時間中に間違いなく1000Word以上ペンで書くことに
なるわけだが、1行1行考えてる時間はなくて、また、
持ち込み不可なので、僕のライティングスキルでは
結局英文暗記、という作戦を個人的判断でとることになってしまう。



つまり、結局、USCPAのBECのWCと同じような試験対策をする羽目になっている。
出そうなところを、過去問や先生の情報をもとに試験に出そうなところを
まとめて、あとは読んだり、英文暗記したりだ。


BECの試験をパスしたのがもう1年半前ぐらいになるのだろうか。
あの時も結局WCは問題集から何個か選んで英文そのまま直前に暗記して
試験に臨んでPASSしたが、今でも頭で考えて自由に英作文を作れるというレベルでは
ないのだ。


日常のメールぐらいならだいたいできるが、この期末試験は
難しいアカデミックライティングの
中でさらに専門的な文章を書かないといけないのだ。

USCPAでも同じようなことが言えると思っていて、アメリカ人とか
英語ネイティブと同じような感じでBECのWCに対応しようとしても
英作文歴の浅いレベルでは難しいだろう。



で、結局英文丸暗記だ。他のクラスメイトは全部暗記は無理だから、内容を
理解してポイントだけ
抑えたほうがいいとか言うのだが、英語スキルもその人とは違うし、
問題のタイプが抽象的な理論系問題だから、どうしても理解度が浅くなるので、
僕のレベルでは英文丸暗記だ。



とれてもPASSか、ラッキーでもCreditだが、こういう科目で高得点を取ろうと
下手に頑張るときりがないので、なんとか最低限対策して
逃げ切るつもりだ。アサインメントのエッセイは8割以上取ったので、
PASS取れる可能性は高いとは思う。
こういう科目で、アサインメントの点数を高めで
とれないと、高確率でFailすると個人的には思っている。


残りわずかだが、Failせずに全科目Passしたいと思っている。
スポンサーサイト

日常生活&雑感

テストが近くなってきてまとまったブログを書く余裕がない。
テストが近づけば近づくほど、
授業ない日は文字通り家に引きこもりか、もしくは、
気分転換に図書館に行くという日々になる。

Law系が2科目もあるので、
今Termは間違いなく今までで一番難易度の高いTermになりそうだ。
個人的には計算系科目があればあるほど楽なのだが、
楽な科目が今期はゼロである。



つくづく思うんだが、社会人やめてオーストラリア留学ってのは、
目指してる学位にもよるけど、リスキーな賭けだなと思う。
勉強だけしてすぐ帰国する人にとっても、年齢次第ではあんまり
評価されないだろうし、
永住狙いで大学とか行っても移民法変わったらパーになっちゃう可能性も
十分あるわけだし。
本当にオーストラリアにMBA留学してる人とかリスクを
十分理解しているのだろうかと思う。
オーストラリアのMBAコース卒業して、オーストラリア現地就職できないから、
会計に切り替えてる人に2人出会ったし。
会計も厳しいがMBAはもっと厳しい印象だ。



あと、オーストラリア会計留学で最近成功してる人がブログ見てもまともに
見つからないのがさびしい気もする。フェードアウトして消えるブログ、
結局日本に帰国するブログ等。

個人的には、自分が留学を成功させたいという気持ちと同時に、
なんとかして成功例を作って後の人たちにつなげたいなという気持ちで
頑張っている。


貧困から抜け出すための学費を手っ取り早く稼ぐ方法 その2 課題点  NHKの"女性たちの貧困~新たな連鎖の衝撃~"を見て




前回に引き続き、今度はオーストラリアでワーホリで働く上での
課題点を書いてみたい。

前回の記事は以下リンク参照
http://workinglifeabroad.blog.fc2.com/blog-entry-97.html


最初に結論を書いてしまうと
一番というか、ほとんど唯一にして最大の課題は英語力だろう。
ホテル勤務で英語力がTOEICでいうとどのくらい必要かだが、
以前TOEICを受けてた感覚からすると、
700-800はないと厳しいと思う。
700でもかなり厳しい気がするが、
ギリギリライン。600点台はとりあえず海外行ってホテルの仕事するのは
やめたほうがいいレベルだと思う。
僕みたいにTOEIC300点台からスタートすると、750点台を取るのに
1年半ぐらいかかった(1日2時間前後の英語勉強)。
1年半から2年間毎日コツコツ勉強し続ければ
700-800点台には持ってけると思うけれど、
この段階で我慢できなくて挫折する人は英語圏で頑張るのはちょっと
難しいかもしれない。ここら辺の適正の有無が、
オーストラリアで出稼ぎできるかできないかの境目だろうか。

逆に、TOEIC700-800程度でホテルで仕事出来んのか、と思う人も
いるかもしれないが、ワーホリレベルの英語力でも求人がくるぐらい
の仕事なら、何とかはなると思う。

もちろんホテルの受付とかは無理だろうし、求人もないだろうけど。


あと、TOEICはリーディング、リスニングだけなので、
別途スピーキングはやって慣らしておかないと
実践(仕事の面接とか現場)で合格ラインまでもってけないので、
行く前に準備するべき。


TOEIC800点だけど英会話ができない。

まぁ知恵袋なんで、あくまで参考程度に読んどくのがお勧めだが、
要はTOEICの点だけでは喋れるようにならないんで、
スピーキングも訓練はしとけという話だ。
ちなみに上記リンクにある、日本語を一切使わないとか読まないとかいうのは
あんまり同意できなくて、日本人の知り合いたくさん作った方がいいという
感じさえする。ホテルインターンシップすれば嫌でもある程度英語環境に
なるだろうし。



スピーキングは僕自身の経験でいえば、英語がTOEIC300レベルからでも、
スピーキング練習開始から1年かからずにIELTSで5.5までもっていくことはできたので、
最低限のレベルを話すだけなら思ったより短期間で済むのかなという印象である。
で、費用対効果を考えるとSkypeでやるフィリピン英会話が断然お勧めだ。僕もこれを
使って短期間でゼロから一気にスピーキングスキルを伸ばせた。
ネイティブと英会話をする必要は費用対効果を考えたら
少なくともこの時点(TOEICの点数を気にするレベル)では全くないだろう。



他にやるべきこととしたら、銀行口座とか、携帯購入とか
タックスファイルナンバーとかだろうか。
基本は、安く済ませるにはなるべく自力でやるのが一番なのだが、
これらは他人の力を借りてさっさと作ってしまったほうがいい気がする。


とりあえずオーストラリア来てから、留学エージェントの所に行って
銀行口座とかヘルプしてもらえるか聞いて、ヘルプ料払う、
というスタンスがいいのではないだろうか。
完全に自力だと料金は安いけど難易度が高くて大変だし、
全部留学エージェントにお任せだと費用が高くなってしまうので、
どこかで折り合いをつけるのが賢い方法だと思われる。
僕は、必要なところでは業者の力を借りるべき、というのが
自身のスタンスだ。




英語力以外の部分は、ネットサーフィンして、だいたいの現地留学エージェントの目星をつけて、オーストラリア来てから調べればいい気がする。とにかく
英語力は付け焼刃で身に着けられないので、オーストラリア来るまでにどれだけ
上達できるかがカギだ。
で、留学エージェントの所に行くと、現地の日本語の冊子(Move)とか日豪プレス、
チアーズとかタダでGetできたりもするので(エージェントによってはないが)、
そこに書いてある留学エージェントをさらにチェックしてみるのも有効だろう。



こんな感じで、すごい簡潔に課題点を書いてみた。
要は、英語がTOEIC300レベルの超初級者レベルでも、英語をこつこつ
頑張れば十分オーストラリアでホテルで仕事ができることだ。
これが伝われば十分だと思っている。

貧困から抜け出すための学費を手っ取り早く稼ぐ方法  NHKの"女性たちの貧困~新たな連鎖の衝撃~"を見て

前回に引き続き、今度はオーストラリアに1年以上いる経験と、現地で入手した
情報から、少しでも貧困から抜け出すための学費を稼ぐための方法を書いてみたい。
かなり深刻な問題だと思うので、
こんなページ見てくれるかどうかは分からないが、これをきっかけに貧困から
脱出してくれる人が出てくれることを願う。

前回の内容
http://workinglifeabroad.blog.fc2.com/blog-entry-96.html


NHKの貧困特集を見て気になったのは、あるケースでのもらっている賃金が
700-800円前後と非常に少なくて貯金や学費をためるのが困難そうだということだ。
はっきり言ってその賃金で学費稼ぐのは厳しいだろうというのが正直な発想だ。
奨学金を借りるにしろ、収入の高い職をGetできるかどうかは不透明
なのだから、借りるにせよ、ある程度まとまった金を持っていた方が
いいだろう。



結構このNHK特集は注目されていたようだが、いくつか意見を見てると、
返せないなら学校行くな、そんなに金出して学校行く価値なんかあるのかという
意見を見る。でも、個人的には以下の記事に書いてあるように、大学教育
(や専門学校その他高卒より上の学位)は貧困から抜け出すには
必要だと思っている。

http://blogos.com/article/85639/



本題に入るが、結論を先に書くと、時給700円前後のバイトで少しづつ稼ぐぐらいなら、
ワーキングホリデービザを使ってオーストラリアで一気に稼いでしまったほうがいい
のではと思っている。

本当にかせげるの?という思いを抱く人もいるだろうから、
次に本当にオーストラリアは稼ぐ場所として適しているのか、
一般人が普通に本当に実行できるのか、どういう仕事だと稼げるのか
ということを書いてみたい。


まず、ビザだが、下記リンクの通り、
18歳から30歳までならだいたいの人は1年間滞在できる。
僕だが、申請してから2-3日でビザが出た。はっきり言って
びっくりした。ワーホリレベルはあんまりチェックしてないんだろうなぁ
という感じだ。
ちなみに、農場とか特定職種で3か月がんばれば最長2年になる。
http://www.jawhm.or.jp/wh/australia/



オーストラリアの賃金について書いてみると、オーストラリアの最低賃金は
世界一で、以下リンクによると、OECD最低賃金ランキングで
15.75ドルだ。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2014/02/post-3189.php
だから、イメージでいうと、
マックで同じ仕事をやっても日本では時給700-800円なのに対して、
オーストラリアだと、時給1300-1500円相当になるということになる。
そういう意味で、オーストラリアは全体的な賃金水準が高いのだ。



ただ、英語力がない関係でシドニーのCityとかで
ジャパレスで働くケースを見かけるが、
それだと、最低賃金は大抵払われない。
僕の周りでも、ジャパレスで10ドルとか寿司屋で12ドルとかいう話を聞く。
というかジャパレスで最低賃金以上出てるケースをあまり聞いたことがない。
ただ、それ以外でブラックだとかそういう話は聞かないので
労働環境は特に問題ないんだろう。

以下のリンクにオーストラリアでの日本人の賃金について
書いてあるので合わせて参照してみるといい。
http://aplac.info/faq/fjob1.html

一般的によく聞く話では、最低賃金以上稼ぎたいなら、ジャパレス以外を
探さないとダメだということだ。



じゃあ、ジャパレスでなく、英語力もそれほど高い水準が必要でなく、
なおかつ最低賃金以上もらえる職種なんてあるのかと思うだろう。

でも、ある。

細かく言えばいろいろあるだろうが、一番
多そうなのはおそらくホテル勤務だろう。
僕は今までで、シドニーで
ホテル勤務をしたことがある人間に5人―6人ぐらいあったことがあるが、
平日で時給15-20ドルぐらいは出ているようだ。僕の学校の会計のクラスにいる、
クラスメイトうちの一人(韓国人)もホテルでフルタイムで働いている
(本来は学生ビザ所有者はパートタイム(20時間/週)でしか働けないのだが、
本人いわく、学生ビザでなく、ブリッジビザなのでフルタイム勤務が可能に
なっているらしい)。他にも、シドニーで会った西日本出身の日本人はまさに
大学の学費を払うためにオーストラリアに来てホテルで金を稼いでいた。



僕はほとんどシドニーにしかいないので、シドニーのホテル勤務経験者の情報
しか口コミ情報は知らないが、シドニーでホテルの仕事をGetするのはなかなか難しいようだ。
ホテル自体はたくさんあるし、基本的にどこも盛況らしいが、大抵仲間間の口コミで
仕事が決まってしまうようだ。なんで口コミなのか
という話だが、仕事が適当な人間が多かったりして他のメンバーが
苦労するので、素性がある程度分かってるきちんとした人間だけを
引き抜きたいという事情があるからだと思う。「XX人は日本人には考えられないぐらい
仕事が適当」「急にドタキャンするので残りのメンバーで埋め合わせしないといけない
「でも不満があるとすぐに強く主張する」。
こんな話は何度か聞いた。特に日本人のホテル従業員は、まじめに仕事をする
日本人を引き抜きたい傾向があるように見える。他の国の人間だといい人間が
引き抜けるかどうかバクチ度が高すぎて不安なんだろう。

なので、個人的には日系業者を利用したホテルの求人あっせんで見つけるのもありだと
思っている。僕の聞いた話では、オーストラリア現地のエージェントに出向いて、
語学学校とセットになってないコースを選べば、40-50万はかからない。
業者によってはかなり値段の幅が違うと思うので、いろんな業者で見積もりして
高すぎたら辞めればいいと思う。
安く済ませるコツは、語学学校とセットになってるのでなく、
ホームステイとかいろいろパックになってなく、オーストラリアに実際に来て
事務所行って複数社見積もりを取ることだろう。
個人的には、ホテルインターンシップぐらいで40-50万払うのは
やや高い気がする(200-300万稼げればOKという考え方も尊重はするが)。

それが嫌な場合は、現地のホテルに出向いて、履歴書を直接渡すというのも
ありらしい。それでホテル職をGetした人が僕が知ってる人でいる。
履歴書を直接渡すというスタイルは、ジャパレスとかホテルとか
人の入れ替わりが激しくて、専門スキルが必要ないポジションで有効だと思われる。

ほかには、地道に求人サイトを使って探すことも一応可能らしいが、
ワーホリビザ可の求人を探すのはなかなか大変そうだ。
「housekeeping」で検索してみるといい。

http://www.seek.com.au/hospitality-tourism-jobs/housekeeping/?=undefined&page=1&worktype=243%2C242&refinement=WorkType


http://www.gumtree.com.au/s-housekeeping/c18386?ad=offering





今度は具体的にホテル求人を何個か見てみたい。
以下の日系企業のリンクにいくつか有給のホテルインターンシップの
求人が出ている。

http://www.xleducation.com.au/jp/blog/index.php?catid=109


一つ目のホテル求人を見てみると、

場所:西オーストラリア
仕事内容:フルタイムのハウスキーピング
時給$20(住む場所とと夕食が無料)
ワーホリビザで5か月以上が条件

ttp://www.xleducation.com.au/jp/blog/index.php?itemid=1231&catid=109

これで注目すべきなのは、書いてある通り住む場所とと夕食が無料という点
だろう。朝食なんか、激安のシリアルで我慢できるなら、1食1-2ドルで
済むから、稼いだ給料のほとんどがそのまま貯金できることになる。
住居が無料な理由の一つは、場所が西オーストラリアだからだろう。
西オーストラリアはマイニング系で今活気がある一方で、シドニーに比べたら
圧倒的に田舎で人が少ないので条件がいいのだと思われる。
遊ぶにはあんまり向いてなさそうだが、
とにかくひたすら稼ぎたいという人にとってはかなりいい条件なのではないかと思う。
個人的には、住居で優遇されるには、都会より田舎の方がいいのではないかと
思っている。ただ、無料というケースはそんなにないような気がする。



二つ目のホテル求人を見てみると、

場所:クイーンズランドの半島
仕事内容:フルタイムのハウスキーピング&ウエイトレス
時給$15(寮が利用可能・食事つき)
ワーホリビザで5か月以上が条件

ttp://www.xleducation.com.au/jp/blog/index.php?itemid=1185&catid=109

寮と食事がが無料かどうかはわからないが、
最低時給の$15は確保されている。
1件目同様仕事内容がハウスキーピングだが、主に従業員間でのコミュニケーションが
メインになるから、英語力がそんなに高くなくてもできると思われる。


3つ目のホテル求人を見てみると、

場所:南オーストラリアの島
仕事内容:ハウスキーピング(25-30時間/週)
時給$24(格安住居利用可)
ワーホリビザで5か月以上が条件

ttp://www.xleducation.com.au/jp/blog/index.php?itemid=1172&catid=109

フルタイム求人ではないが、時給24ドルというのはかなり大きいだろう。
島と書いてあるので、完全にCity中心部からは離れているのがデメリットだろうが、
こういう僻地の方が、安い住居がついてきたり、
時給がよかったりするということだろう。



次に、上の3つのケースの税引き後の手取り金額を計算してみる。

ちなみに、オーストラリアの税金について
概要を理解するには、以下のページが参考になる。

http://aplac.info/gogaku/column04.html


ワーホリビザ保持者は基本的に「非居住者」扱いになるから、税率は
以下のリンクの表をもとにすると2013-2014年は、32.5%だ。
https://www.ato.gov.au/Rates/Individual-income-tax-rates/

オーストラリアで働くときのデメリットは非居住者用の非常に高い
税率だろう。

また、為替レートは、オーストラリアの場合、変動が激しい。だいたい
80円/ドル~100円/ドルだが、80と100では全然
円換算した時の金額が違う。

これをもとに、半年間でGetできる税引き後の収入を計算してみる。


1つめのホテル
時給20ドル×40時間×4週×6か月×(1-0.325)= 14880ドル
1ドル80円の場合  :14880ドル×80円/ドル =1190400円
1ドル100円の場合 :14880ドル×100円/ドル=1488000円


2つめのホテル
時給15ドル×40時間×4週×6か月×(1-0.325)= 11160ドル
1ドル80円の場合  :11160ドル×80円/ドル =892800円
1ドル100円の場合 :11160ドル×100円/ドル=1116000円

3つめのホテル
時給24ドル×30時間×4週×6か月×(1-0.325)= 13392ドル
1ドル80円の場合  :13392ドル×80円/ドル =1071360円
1ドル100円の場合 :13392ドル×100円/ドル=1339200円


半年でだいたい金額90万から150万と、勤務するホテルと為替レートによって
かなり金額が変わることが分かるだろう。
1つめのホテルは住居費と夕食が無料なので、
実質的に稼いだ給料のほとんどである
120万―150万が半年で稼げることになる。

また、最低賃金の2つめのホテルでも、
半年で90万―110万は稼げるから、うまく1年間働ければ
1年で200万前後稼げる。ただ、この場合は家賃がどれだけ
安くできるかにかかってるだろう。

うまくセカンドワーホリビザをGetできれば、もっと稼げるだろうから
さらに収入を増やせる可能性は広がるだろう。



ちなみに、税金とは別にスーパーアニュエーションという年金が10%前後会社から支払われているが、
会計事務所に帰国前にお願いすれば取り戻せる。
現地の日本人向け無料冊子に広告が書いてあったりする。
シドニーなら、日豪プレスかチアーズ。



こんな感じで長々と書いてきたが、十分十台の学生レベルでも稼げる
可能性があることが分かってもらえればうれしい。
すでにちゃんと日本の会社で働けてる人は、年収300万から400万
稼げてるだろうからあんまり200万ぐらい稼げてもたいしたことないだろうが、
貧困女性にとっては、未経験の学生でも200万ぐらい稼ごうと思えば稼げるわけ
だから、大きいと思う。大学生だったらうまく休学システムを使って、
大学1,2年生あたりでワーホリして学費を稼ぐということも可能だと思う。



次は、英語力をはじめとした課題点について書いてみたいと思う。



※本ブログの記述は、筆者の調査・経験に基づきます。記述が正確、最新であることは保証できません。記載に起因する、いかなる結果にも筆者は責任を持ちません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。