元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の選択肢

今年もうあと1、2日を残すのみ。
何事もなければ、来年卒業になるわけだが、卒業直前後の
選択肢はもともと下の2つを主に考えていた。

1:卒業後にワークビザを出してもらえる所を見つけて働く
2:卒業後にsubclass 485ビザ(卒業生ビザ)申請して2年滞在延長、就職活動

が、選択肢1は実力だけでなく運が必要な感じで(個人的な感覚。特に会計)、
選択肢2が一番無難かな、ともともと思っていたし、選択肢2は法律が
すぐには変わらないと踏んでいたのでもともと本命の選択肢だ。
そして、最近は第3の選択肢を考えたほうがいい気もしている。

3:卒業後に即永住権申請する

僕の元々の見込みでは、来年卒業直前後では、All section IELTS7.0突破は厳しいので、
仕事見つけてから数年後に取ろうという計画だったのだが、
IELTSのスコアを取る方向で動いた方が後悔しなさそうだという気がしてる。
元々の見込みはAll IELTS7.0突破は2年後。あと1年足らずでいけそうな気は
あんまりしない。
そもそもポイント的にOKなのかという問題も依然残るので、選択肢3も
望みは薄そうな感じがするが、IELTSはまたWritingを
意識してコツコツやってみようと思う。

ただ、選択肢3しかなkったら、留学がうまくいかない可能性が高すぎるんで
選択肢2が滑り止めとして働くようにそもそも留学計画を考えていた。
なぜなら、あまり僕自身の成長度を信頼してないから。

まあ、全セクションで都合よく7.0,7.0,7.0,7.0なんて
スロットマシーンみたいに出ないよ、と思う。1科目だけ6.0とか6.5とか
取って何回も受験する羽目になるというのが脳内に浮かぶ。

何はともあれ、来年、再来年は勝負の年になりそうだ。

ちなみに、今IELTS公式問題集のLiteningだけやってみたら、
24/40問だった・・・6.0ってところか。
IELTS受験後4か月たっても6.0のまま成績が変わらないなんて。先は長い。
IELTS公式問題集は個人的には適格にスコアが予測できる点で優れてると思う(Reading,Listeningのみ)。

スポンサーサイト

USCPAで紙の問題集に書き込みするうえで注意すること

USCPA落ち続けている人は、もしかしたら細かいところでしくじってしまっているの
ではないかとふと思った。
はっきり言って、これから書くことは学習法と呼べるようなものではなくて、
気をつけろっていう注意点に近いし、ちょっと細かすぎる話かもしれない。
でも、だからこそ書いてる人が少ないと思われるので、あえて書いてみる。


Abi$usは問題集が紙媒体(2011年時点では)で、一週目するときは、
僕みたいな英語力がひどい人間は、1問15-30分ぐらいかけて、
問題解いたり、単語調べたりしてると思う。実際僕は、問題文や、選択肢でも
分からないところは、赤線を引いて訳を書いていた。
受講生専用サイトでGetできる日本語訳がこういう時は非常に助かるので
よく使っていた(誤字・誤訳も案外あった気がしたが)。


ここで重要なところは、答えの選択肢だけたくさん線が引いてあったりすると、
2周目見たときに、すぐに答えが分かってしまうということだ。



はっきりいって、これがこの記事のメインというか1番重要なところなのだが、
やっぱり大したこと書いてない気がしてきた。

が、続ける。

紙メインで問題解いていくなら気を付けないと、2周目なんとなく答えが
浮かび上がってくるような感じになって、問題を解けた気になってしまうのが
一番危ないと思っている。

ちなみに、僕はすべての選択肢に書き込みをするというポリシーで
勉強してたので、3周目でも、120番はaが答えだとか、みたいな感じには
一切ならないで済んだし、書き込み見てもどれが答えかはわからないように
できた。

ちなみに、答えが分かってしまうような特徴のある書き込みをしても、Webプラクティスというブラウザから問題演習(紙のと問題は同じ)するモードがある
ので学習は可能だ(今はあるか不明。各自確認してください)。
というのも、僕はWebプラクティスは一回も使ったことがないのだ。だから、
なんのためにあるのか学習後半あたりになるまではっきり言って理解できなかった。


まとめると、
普段の勉強スタイルには、2パターンがあるということだ。

紙ベースで勉強したいなら、答えの選択肢だけ(例えば bのみ)に
書き込みをたくさん増やさない。a,b,c,dまんべんなく書き込みをする。

Webベースでもいいなら、1周目は書き込み、2周目、3周目あたりからは
Web画面(Abitu$ならWebプラクティス)で演習をする。


個人的には、英語力がない人は、やっぱり書き込み(訳・説明)を見たほうが圧倒的に
2周目以降学習しやすいと思われるので、紙ベースで勉強するほうをお勧めしたい。
実体験になるが、2周目でも単語は案外忘れていたからだ。


合格体験には誰もこういうこと書いてなかったのだけれど(話が細かすぎるからだろう)、
他の受験生はどんな感じでやってたんだろうか。

うちの部署はネイティブが少ない理由 続編

前記事はこちら

うちの部署はネイティブが少ない理由


昨日インターン行って、新たに判明したこと・勘違いしてた事が
判明した。

今行っている会社の休みは、12月21日から、1月5日まで。だから、ほぼ16日間休みだ。
2日、3日は出勤かと思ってたけど違った。半月休みか。
ゴールデンウイークなんか目じゃないな。僕が日本で働いてた時は、
12月28or29から正月明け(今回でいうと1月5日になるだろうか)なので、
1週間ぐらい日本の職場より多いといったところだ。やっぱ休み多いな。


僕の部署だけは来週も勤務体制だが、僕自身は来年1月5日まで休みでOKであることが
判明。業務量が減るみたいで、インターンの出番はないようだ。


これは、聞いて少しがっかりしたことだが、
昨日ランチ中に少し聞いてみたら、働いてた中国人(僕のボスの一人)は永住ビザをもっていた。
やっぱり永住ビザないとフルタイム就職難しいのか。うーん。




うちの部署はネイティブが少ない理由

今行ってるインターン先の部署は結構ノンネイティブなのかが
多い部署なのだが、今日理由のうちの一つが分かった。

妄想かもしれないが。


どうやらうちの部署だけ長期休暇がとれないようだ。



他の部署はすべて20日以降は来年1日まで全部休みだそう。
12日間休みか。ゴールデンウイーク状態だ。それで、
2日、3日出勤したらまた土日休みだからほとんど半月間休みだ。
前住んでたところにいた白人ネイティブは、12月初旬から、
土日含めて約1か月休みを取っていたようなので
(しかも介護系。介護ってそんなに休みとれるのって
感じなのだが。)、12日間ぐらいは休みないとやってらんないんだろうなあと。


ちなみに、僕が行ってる会社はローカルの会社で、
金曜になると、勤務中にアルコール飲料が配られる会社だ。
職種にもよるが、大抵20日から休みなのだろうか?
ローカルだけなのだろうか?他の会社を知らないのでよくわからない。


日本人の僕の感覚だと、別に中国語が必要ないのに、
キーになる業務をノンネイティブ(香港・中国人)にわざわざ
任せるという感覚が理解できなかったから、休暇の件はもしかしたら
あるのかもしれない。が、まさか休暇の件だけがノンネイティブにまかせてる
理由だとは思えない、というか思いたくない気がする。
長期休暇取れなきゃやってられねえという感じなのだろうか、
オーストラリア人はみんな。

まぁ、日本人も心の中ではほしいと思ってる人は多いんだろうが。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。