元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USCPAで受験する科目の順番

USCPAは受験する科目の順番も大きな戦略になると思っているが、
重要度は受験生の環境次第だろう。。
大きく2パターンに分かれると思う。

1:仕事辞めてて勉強時間ある人
この場合、1Term中に2科目以上受けられるので、
あまり受験の順番を意識する必要はなさそうだ。
1科目勉強してすぐ1科目受験とかいう荒業も可能。
僕の場合、PASSの順番はREG→FARE→BEC→AUDだった。

2:仕事しながら受験する人
この場合が一番受験の順番を気にしないといけないだろう。

結論を言うと、特別に英語力、もしくは実務経験がなければ、
BECとAUDを一番最初に片づけたほうがいいかもしれない。
個人的には、BECが最初なんじゃないかという気がする。
プロアのブログを見ると、9回BEC受けてる人とかいるし。

http://blog.livedoor.jp/nycpa/archives/51929861.html
ちなみに、BECを最初に受験したから9回もBECを受験することになった、とは思わない。

BECの日本人合格率に関してはこっちを参照。
http://blog.livedoor.jp/nycpa/archives/51928071.html


僕は、

「FARE1回、REG1回、AUD3回、BEC3回受験」したが、

こういう感じの受験回数の人は案外いるんじゃないだろうか。AUD、BECが
苦手な人は多いと思う。特に、監査法人出身とか、英語がかなりできるという
感じでなければ、インターネットでいろいろ見てる感じでは
伝統的にAUD,WCが入ってからBECが受かりにくいという感じだろう。

僕の場合、REGを一番最初にPASSしたが、仮に残りの「FARE1回、AUD3回、BEC3回」を
1TERM(3か月)に1科目だけ受験した場合、科目合格の有効期限はT$Cによると、
18か月だから、3か月×7回=21か月かかってしまい、普通にExpire
している計算になる。

このT$Cのアドバイスは本当に参考になる。
Expireについても、学習順序についても参考になると思う。
ぜひ読むべきだ。
http://www.cpa-tac.com/us/gaiyo/guiyo01_02_2.shtml
学習順序と、受験順序は必ずしもイコールでなくてOKってことだ。

もし、BECを最初にPASSしてれば、僕のケースの場合、
残りが、「REG1回、FARE1回、AUD3回」になるので、
3か月×5回=15か月でギリギリいけそうな計算になる。


1TERMに2科目受験すればいいじゃないかと思うかもしれないが、
仕事しながら2科目受験できるかどうかは、自分の能力と職場環境を
よく考えたほうがいい。実際に教材買って勉強を始めるまで分からないか
もしれないが(もしくは実際に1科目PASSするまで分からないかもしれないが)。
もし、平日に毎日MCを50問-100問回せる能力と時間があるなら、2科目いけると
思うがそうでなければ厳しいのではないだろうか。もちろん、
3周、4周、5周等何周かした後で回せればいい。
Abit$sのFare問題集は約800問(2011年時点で買ったバージョン)なので、
1日50問回すと、800/50=平日で16日かかる計算になる。
僕レベルだと、試験3日前とかせっぱつらまらないと100問解く気にはならなかった。


BECに限って言うと、MC1問あたりが難しくなく、他の科目よりMC1問にかける時間が
少なくて済むいうのも、最初に受験するというのに向いてると思う。
Abit$sの問題数もMC500問以下だったので(2011年購入時)、WCで
バクチをして、うまく的中すればサクッと合格できる可能性が出てくる。


AUDの受験が遅れる理由は、FAREの知識が必要になるところだとは思う。
だから、FARE受験後にAUD受験になるのだと思う。
これは僕もそうだった。

ただ、実際受験して思うことは、FARE問題集を1周してれば別に
問題ないんじゃないかという事だ。覚えてるFAREがらみの問題は、
TBSに修正仕訳の問題があった気がするが、そんなに難しいFAREの知識が必要だとは思えなかった。


まとめると、勉強時間ある人(ニート等)は好きにアレンジできるが、
Expireしやすい社会人は、受験回数が多くなる可能性の高い科目(BEC,AUD)を
最初に連続して受験しといたほうがいいんじゃないかなということだ。
T$Cにも、苦手な科目から受ける戦略もある、というようなことが書いてある。
上と同じリンクだが重ねてよく読んでおくことをお勧めする。
http://www.cpa-tac.com/us/gaiyo/guiyo01_02_2.shtml
結局、自己責任になってしまうが、いろいろ考えて悔いのない受験順序で受験すること
願っている。

ドミトリーの部屋で住める人ってすごいと思う

時々思う事だが、普段からドミトリーの部屋で住んでる人って
すごいと思う。ワーホリメーカーとかでドミトリーに住んでいる人の
話聞くと素直にそう思う。

ドミトリーとは、一言でいうと相部屋だ。
一つの部屋を2人で使う場合もあれば、4人、6人ぐらいで
共用する部屋であることもある。赤の他人と6人部屋なんて僕は無理だ。

http://first-backpacker.info/at_place/youth_hostel/19


シドニーは家賃が以上に高いので、日本でいう「一人暮らし」は
基本的に無理だろう。
こっちでは、一人暮らしできる部屋の事をstudioというようだが、おおざっぱに
週$350×4=1400/月ぐらいはかかるから、1ドル90円で、12万ぐらいはかかる。
だから大抵部屋を間借りすることになる。

部屋の間借りでもオウンルーム(一部屋一人でトイレ等共用施設シェア)だと、
おおざっぱな相場で計算すると、週$200×4=800/月だからこれでも70000円ぐらいかかってしまう。
ちなみに僕もこのタイプの部屋に住んでいる。
もうこの時点で、東京の一人暮らしと同じぐらいお金がかかるわけで、
シドニーの家賃が東京より高いレベルだと思われるわけだ。

個人的な感覚だと、日本人にいると、「一人暮らし」にこだわっている傾向がある気がしている。
一人暮らししないと自立してないとか考えてるからなのかもしれないが、
月20万ぐらいの月収なのに、光熱費込で7,8万のところに住んだりしてる人がいまだに案外
いる話を聞く。

その点、オーストラリアでドミトリー経験して慣れてる人は、サバイバル能力が異常に高くなってるから、
日本に帰っても、やろうと思えば、一人暮らしにこだわらずに家賃をかなり安くできる。
軽く検索してみたが、これなんか、東京なのに、光熱費・ネット込みで月18000円だ。

ttp://roommate.jp/have/10748


はっきり言って、カプセルホテル1日3000円だとすると、1週間分で1か月分泊まれることになる。
僕はドミトリーは無理だが、40000円ぐらいでオウンローム(一部屋一人)も見つかった。
4万で光熱費込なら十分ありだろう。ネットカフェ生活してる人は、協調性が必要にはなるが
こういうところで生活した方が安くできるんじゃないかなと思う。


これからの低年収世代(年収300万以下)が生き残るには、「一人暮らし」にこだわることをやめるのが
キモになりそうな気がする。そういう意味では、実家暮らしもありなんだとは思う。
収入増やすんではなくて、家賃をいかに減らすかを考えるということは、これから先、必然的に
考える必要が出てくる人が結構出てくるのではないかと思う。


USCPAを試験会場で受験できるまでにかかる大まかな月数

さきに結論として、僕がかかった時間を書くと、
2月あたりからはじめて、同じ年の11月あたりで
やっと受験資格が得られるようになった。約10か月というところか。でさらに、
いろいろ書類送ったりして、受験会場が選択できる段階になったのは、12月から
次の年の1月あたりだ。
なんでこんなに時間がかかるのかというと、FARE,BEC,REG,AUD4科目回すのに
このぐらい時間がかかるのもあるが、以下のURLの通り、
"1学期(3ヶ月)に取得できる科目の上限は、6科目まで"
だからだ。予備校によって違いがあるだろうからここも
予備校選びで比較してみてもいいかもしれない。
http://www.abitus.co.jp/learning/qualification_cpa/chair/program.php
あと、3か月に6科目受験できるかというと、そこまで勉強がはかどらず、
結構厳しかったりするので、そこは理解しといたほうがいい。


また、下のURL見ればわかるが、全部で19科目ほどあって、グアムとかワシントンを
選択すると(2013年の時点で)、
日本の大学で取得した単位で免除ができない限り、
ほとんど全部とらないといけないようで、どんなに頭のいいスーパーマンでも、
受験勉強開始から3か月、とかでは無理だろう。
http://www.abitus.co.jp/learning/qualification_cpa/chair/program2.php
ちなみに、単位免除は基本的にほとんどされないようで(会計系でないと
やはり厳しいよう)、僕の場合、
1,2個しかされなかったから、結局必要単位数ほぼ全部とることになった。

一通り受験をやってきた僕から感想を言うと、
受験資格を得るまでの10か月前後の期間は本当につらい期間で、
この勉強が一生終わらないんじゃないかっていうぐらいだった。
これはなかなか表現できないがとにかくつらかった。

どこの州で出願するかは個人のニーズによるとは思うんだが、
単位取得を多くしないといけない州は結構大変なんじゃないかというのが
僕の意見だ。会社やめてても10か月間ぐらいは、地味に問題集を一周通しで
勉強しなきゃいけないわけだ。Abit$sの少ない問題数でも2000問前後を通しで一周
させないといけない。何回も言うがこれは本当につらいのだ。
仕事しながらならもっとつらいのは間違いない。

だから、単位あまりとらずにすぐに受験できる州選んで、勉強開始から半年後ぐらいに
受験して科目合格、の方がモチベーションも維持しやすいし、トータルの
勉強時間も減らせる可能性がある。

僕の場合、何の疑いもなく、4科目1週回してから受験しようと思ってたが、
それにとらわれる必要も、状況によっては本来ないのかもしれない。

一昔前のメイン州(当時は4大卒のみで、アメリカの単位なしでOK)受験生が
取れたテクニックで、
USCPA勉強を始めて、すぐにFACS依頼後、受験まで3-4か月で持っていくというのが
あった。1科目勉強終わったらすぐ受験して、の繰り返しである。
英語力とかたくさんの勉強時間が必要だが、モチベーションを保つのが難しい
この試験では、すぐに試験まで持ってけるこのテクニックは人によっては非常に
有効だったと思う。

今でも、比較的受験資格がすぐ取得できる州は存在するから、
それに近いテクニックはできるだろう。


T$Cに書いてある通り、取得単位数減らそうよという作戦は
普通に考えればまっとうな作戦だと思う。
http://www.cpa-tac.com/us/gaiyo/guiyo02_02.shtml
簡単とか言われてるが、実際受けると本当に大変で、勉強続けるのが難しいし受験までもってくのが
難しい。この発想は勉強始めてからしばらくしないと気づかないのかもしれない。

どれくらい合格が難しいかは、
予備校に下見に行ったときに、在校生のうちのどれくらい合格してるか、
スタッフに聞くと教えてくれるので
(僕の場合は教えてくれた)、各社に聞いてみるといいと思う。


グアム、ワシントンのメリット(グアムはinactiveライセンス)も感じるのだが、
仕事してて勉強に集中できる環境でないなら、
とにかく合格優先でいったほうがいいのかなと個人的には思う。
ただ、州選びは重要なので、予備校に絶対相談した方がいいという
のは間違いない。予備校によって推奨州が違うので、複数の予備校で相談した方がいい。

引き続きテキストのバージョンアップについて


僕がabit$sと契約した時(つまり金を全額払ったとき)は、全科目の全テキスト、
問題集が一度にでっかい段ボールに入った状態で、全部郵送されてきたのを覚えている。
こんなにたくさん勉強できるの?なんてツッコミも入ったことを覚えている。
バージョンアップ前後の時期の契約だと、テキストのバージョンがどうなるのかは大きな関心ごとに
なるんじゃないだろうか。受講者専用サイト見ると、
FARE1-3の場合はテキスト&問題集だけなら
1万ちょいぐらい(Eラーニング入れるとだいたい2万)バージョンアップに
かかるようだ。おそらく他の科目も同じような値段になるだろう。


今本気で新規契約してUSCPAの勉強を考えてる場合は、全科目を新バージョンで勉強できるのか、
要確認だと思う。他の業者みたいにこまめに教材を更新する会社であれば、無視しても
そんなに問題ないかもしれないが、3年以上ぶりぐらいのメジャーバージョンアップ
なので、個人的には新バージョンをGetして勉強したほうがいいと思っている。

ちなみに僕は、バージョンアップを経験せずに無事タイミングよく
全科目合格できた。


かといって、全科目がメジャーバージョンアップするまで待つと、
来年の6月ぐらいまで待つことになるから、バージョンアップのためだけに
勉強を遅らせるのもどうかなと思う。人それぞれタイミングとかあるわけだ。

大学生の場合、大学3年の時に勉強スタートするのと、4年生の時にスタートするのでは
大きな違いがあるだろう。大学3年の今頃からスタートなら、卒業までに
全科目合格できる可能性もあるが、大学4年の今頃だったらほぼ間違いなく社会人に
なってからも受験勉強してないとダメだろう。そして、社会人になってしまうと
勉強時間がとれずにずるずる受験勉強が長期化して最悪受かった科目をExpireする
羽目になる可能性すら出て切る。それはもったいない。


USCPA予備校を今探しているのなら、教材のバージョンに関しても
意識しておくといいかもしれない。わからないことがあったら、
説明会にいって質問するなり、交渉するなりするのもいいだろう。
高い買い物なので、納得して勉強したほうがモチベーションにおいても
いいだろう。誰だって、損したなーという感情もちつづけたまま序盤から
勉強したくないだろう、ということだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。