元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会計のSkills Assessment

入学直後ぐらいに大学メール来ていたChartered Accountant(CA)の団体からメールを
今頃読んで感じたこと。

「Pre アプリケーション Skills Assessment」を金数百ドル払えば
受けられるよという内容だ。卒業生ビザと永住権申請時に
関係してくるやつだ。


はっきりいって何なのかがよくわかっていない。会計専攻者が永住権申請する場合は、
CAの団体がスキル評価するのは知っていたが(CPAの団体も?)、「Pre」に数百ドル払うメリットも資料に書いてほしかった。。。

とりあえず分かったことは、

●卒業生ビザ485に関しては、IELTSはGeneralでもAcademicでも
よさそう

「IELTS General or Academic band score of at least six on each of the four
component」
みたいに書いてあるから、多分そうなんだろう。

これは僕みたいなIELTSの英語レベルが低い人間にとっては重要な情報。
Generalで受けられるから少なくともReadingは6.0を確実に確保できそう。
念のため半年後ぐらいに夏休みを使ってGeneralで受ける予定。
ルールが変わらなければいいが。オール6.0以上っていうのが何気に
厳しいのだ。

(ちなみに、専攻(会計とかITとか)によってGeneral,academicどっちが
求められているかは違うらしいので思いこみで行動しないように)

ただ、そもそも485ってシステムが最近変わってBeforeとAfterの違い
がよくわからなくなっているので頭がこんがらがっている状態。
Afterの方はオーストラリアの卒業証書だせばよかったんじゃないかとか、
よくわかっていない状態だ。

●日本の大学卒業している人は、undergraduate degreeのコピーが必要。

undergraduate degreeのcertificateってGoogle画像検索した感じでは
卒業証書っぽい(がそれでいいのだろうか。)。

これから留学する人は一応関連書類をスキャンでもしとく?ってな感じだろうか。



結局分からないことが以前多いが、IELTSの件に関してだけでも
分かったのでとりあえずよかった。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。