元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア就職をあまり考えていない理由その2

オーストラリアは日本の娯楽が基本的にないこと以外は、
インフラだとかインターネット
環境とか基本的な部分はほとんど日本と違いない(ADSLで、
無制限のケースか、月当たり100GB前後(今のフラットがこれ))。

朝こそ現地のシリアル買って食べてるが、シドニーなら基本的にコメや
個人的に好きな「ごはんですよ」、インスタントみそ汁、
納豆等基本的な食材はほぼ日本食材店で
買えてしまう。時々インドカレーが食べたくなるので、現地のスーパーで
買ったりもしているし、シドニーはいろんな国の食材が買えるのだ。

あと、細かいが非常に重要なのは、シドニーにはダイソーがあることだ
(ニュージーのオークランドにもある)。日本の都市部には腐るほどある
100円ショップも海外では本当に希少だ。オーストラリアでも
ブリスベンでは僕が下見行った当時は存在してなかったので非常に
不便だった(最近店ができたらしいが)。
シドニーのダイソーは本当に助けられまくりで、
日本の生活水準に近づけてくれる心強い店だ。

他に学校卒業後、将来日本に戻る可能性もあるわけで、そうした時に、英語
+海外実務経験があったほうがいいと思うわけだ。仕事内容にもよるが、
アジアの日系企業でコールセンターとかで日本語だけ使う仕事してても
いつまでたっても英語での実務経験は積めないから、
先に進めない感じがするのだ。



もちろん、ニュージーやオーストラリアの就職はアジアに比べると非常にワークビザが
出にくい関係上厳しいのは承知だ。。
ビジネスビザが出るケースがアジアに比べてむちゃくちゃ条件が厳しいようで、
可能性が低いので、
まともな給料の求人の条件はほとんど永住権保持者になっているのが
現状のオーストラリアみたいだ。能力があってもビザでほとんど
はねられてしまう。

オーストラリア就職に関する Q&A(スタッフソリューションAUS)



だから、住みやすさとか英語の実務経験を積めること・将来長期で住むことを考えると、
英語力少なくても就職しやすいアジア就職よりも、良いと判断したので、
英語圏のオーストラリアに留学したというわけだ。


もし、アジアに下見して生活水準が特に問題ないと感じるなら、
あと、将来の見込みがあるなら、アジア就職のほうが大学とか行かずに済むし
簡単だと思うし、日本の会計士試験を無駄に長く続けたり等、
無駄にニート期間を長くする人とかは思い切ってアジア就職でもした方が
よっぽど将来が見えてくると思う。

スポンサーサイト

アジア就職をあまり考えていない理由その1

海外脱出と絡んでなのか、最近アジア就職に関する記事を見かける。
そのうちの一つは
もりぞお氏がやってる海外研究所というやつだ。
http://morizo.asia/

ある程度ブログの読むと国にもよるが全体的にアジア就職自体は結構しやすいという
印象を受けた。
以前から、僕自身オーストラリア留学を考える前からそれっぽい印象は以下の求人を
見ている時に感じていた
(とっくに募集は終了していると思うが)。

【ハノイ勤務】日系企業に対して、会計・税務に関する相談対応等の業務に携わって頂きます!


【アジア勤務】コンサルタント転職求人情報詳細


ア$タスの求人だ。ベトナムという事もあって、みんなあまり行きたがらないから
なのだろうが、応募条件がかなりゆるい。
今の僕でも条件を満たせるレベルだ(離職期間ブランクで落とされる可能性大だが)。


でも、僕は(旧イギリス圏の香港を除いて)アジア就職という
選択肢はほとんど考えたことがない。

なぜか。

住環境(個人的にはトイレとかシャワーとか)がひどかったり食べ物が日本より大きく
違いそうだと長期で生活するのはきついでしょ
、っていうシンプルな回答だ。
当たり前すぎるが、後でやっぱりこの国嫌だとか思ってしまうと、
留学やキャリアが無駄になりかねないのでシンプル、かつ重要だ。
次の記事でに具体的に書いてみようと思う。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。