元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ
元ニートのオーストラリア留学ブログ TOP  >  プロフェッショナルイヤー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフェッショナルイヤーと会計職




僕の周りでプロフェッショナルイヤーに行く人がぽちぽちあらわれてきているので
今日はそれについて書いてみたい。

僕自身、オーストラリアに来るまでプロフェッショナルイヤーがなんなのか
サッパリわからなかったのだが(金がかかることだけは知っていたが)、
要するに以下のURLにあるように、
学校に1年近く行って仕事周りの事についていろいろ勉強したり
インターンシップをしたりする
コースの事。終了すると永住権ポイントをゲットできる。
もし、インターン先で気に入れられればそのまま職もGetできる。

http://www.navitas-careers-and-internships.com/programs/professional-year-program/


費用は、学校にもよるのだろうが上記の学校現時点での費用を見ると、
ほぼ13000ドルで結構高い。さらに、オーストラリアは毎年学費とかが
上がってくる可能性がある。
実際に受けた人(上記の学校かはしらないが)の話によると、インターンは、授業(座学)が全部終わったあと、
一番最後にやるようだ。学校によって違うかもしれないが。

かなり適用できる人は限られるのだろうが、知ってる範囲で、
永住権申請でIELTS7.0をとらずに
(というかとるのがつらすぎるからだろうが)、
IELTS6.0で申請する留学生がいるが、
そういう人はプロフェッショナルイヤーをうまく利用していたりする。

もちろん、IELTS7.0を取った上でさらにプロフェッショナルイヤーを
受けざるを得ない人たちも普通にいる。というかこっちの方が多そうだ。



ここからある程度推測できるわけだが、要するに会計は
職をGetするのが相当厳しいのだ。周囲の人間を見ていると、ITよりかは確実に
厳しい。以前も書いたかもしれないが。

理由だが、
現時点だと会計の卒業生はプロフェッショナルイヤーを受講するか、
職をGetして1年間働いて永住権ポイントを稼ぐかの選択肢が
あるわけだが、普通なら、職をGetする方を選ぶはずだ。
給料ももらえるからだ。
一方プロフェッショナルイヤーだと上に書いた費用を逆に払わないと
いけないからだ。
あたまりまえだ。

でも、実際はこれらの学校でプロフェッショナルイヤーの
授業がなりたってるのは、正確な人数は分からないが、
こっちの大学を卒業しただけでは、職をGetできないという
人たちが結構いる事の裏返しではないだろうか。

できれば避けたいと思ってるが(みんな思ってるだろうが)、
卒業後、僕もプロフェッショナルイヤーを受けざるを得ない状況も
考えている。

実際、こっちに来てしばらく経つまでは、普通に1年仕事して永住権ポイントを
とることを前提にしていたのだが、無理な感じが強く、USCPAがあっても
それを挽回できるような状態ではなさそうだ。

ビザステータス(永住ビザ)>USCPA

という感じだ。

とりあえず、卒業後は仕事を探してみるつもりだ。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。