元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IELTS 1月10日 結果



本試験をまた受けてきた、が、ある意味予想通り
必要なスコアはとれず。

Listeningは前回と同じ会場で受験してきたのが原因なのだろうか。
前よりましなスコアにしろ、相変わらずスコアが公式問題集より悪い。

今回1番注目していたのは、Writingスコア。
予想では6.5-7.0だと思っていたのだが、悪い方の6.5止まり
だった。一番の問題点は、TASK1で25分かかってしまったことだと
思う。TASK2は35分で一応250Wordは間に合ったが、やはりTASK2は40分かけるべき
問題だと思った。
それにしても、英語圏の人間(フィリピン)ですら6.5止まりなのを見ているので、
僕自身同じ罠にはまってしまっているのかと心配になる。

まず改善するところは、TASK1をなんとか15-20分で終わらせるという時間勝負の部分だろうか。TASK2より簡単なTASK1に25分かけてはいけないのだろう。ということは、
TASK1をもっと集中的にやるべきか、という話になる。
すでに20問以上は添削してもらっているのだが、
まだ足りない感じだろうか。あと20,30問やるべきだろうか。

TASK1はTASK RESPONSE的には、
難しくないので、比較的点数が取りやすいと思っている。
構文の暗記に関しても、TASK2より1の方がしやすいのではないかと思っている。
やはり、対策がしやすいTASK1を先に攻略すべきのような気がする。

正念場なので引き続き頑張っていきたいと思っている。
スポンサーサイト

模試結果4回目


R:4.5,L:-,W:-,S:6.0

元々模試は4回分で契約していたのだが、
最後である今回は点数が分からない科目が2科目もあってイマイチ感が
一杯だった。答案を受け取るのを忘れてしまったからもうどうしようもないのだが。

ひとまずは、模試は終わりにして、いろいろ自分で探した
参考書を勉強しようと考えている。というのは、
基本同じ先生が採点するので、Sとかは特に採点結果が
毎回ほとんど同じで、新しいフィードバックが得られないというのも
理由。

参考書探しにも苦戦していて、結局日本ではIELTSがメジャーで全然ないので、
いい本の数が本当に少ないし、勉強の仕方が難しい。
何個か参考書を持っているが、イマイチ決め手に欠ける。

ケンブリッジが出してる出版物も、公式問題集以外
イマイチ全般的に役に立たない感じがする。
アマゾンでの評判がいいので、「Cambridge Vocabulary for IELTS」を買ったんだが、
結局これで勉強するのをやめてしまった。
http://www.amazon.co.jp/Cambridge-Vocabulary-IELTS-Answers-Publishing/dp/052170975X
感想を言うと、リスニングがあったり、ライティング的な問題があったり、
これを勉強してどうスコアが上がるのかがまったくイメージができない。
時間がたくさんあって、全体的にスコアを伸ばしたいなら使えるのかもしれないが。
語学学校の授業で使う教材というイメージ。
リーディングに絞るとか、ライティングに絞るとかそこら辺ができてない教材は
だいたいうーん、という感じだ。日本の参考書なんかほとんどそれなわけだが。



先生曰く、Wは上達している感があるが、Sは、結局最後まで
ほぼ同じ採点をつけるしかなかったようで、流暢性を要改善という
ことらしい。SのPart1で何回も質問していると、時間がどんどん
なくなって喋る時間がどんどんなくなっていくのもマイナスっぽい
(らしい)が、Part1の質問数をあまりこなせていないというのも
(あくまでこの先生曰く)マイナスらしい。
また、それなりに喋るスピードも早い方がいいらしい。
ここら辺の採点基準は、他の情報によると、Part1の回答は、
質問数にこだわらず最低でも3センテンスは喋った方がいいというアドバイスもあるので情報が錯そうしている。
ある参考書には、Yes,no含めて多くても3センテンスいう記述もあるのだ。
IELTS試験管によって、判断基準が違うところなのだろうか。
それとも、どれかの情報が間違っているのだろうか。
最大公約数的に考えると、1クエスチョンあたり3センテンスの回答が無難という感じだろうか。
他の本によると、1クエスチョンあたり10秒らしいので、
3センテンスもはたして喋れるのかという疑問はあるが。



いきなり喋る速度を上げるのも難しいので、やはりまずは、
質問内容を素早く理解して、すぐに回答できる能力かなと思っている。

模試一回目結果

模試を受けてきたので結果を書いてみる。


L5.5:R5.0:W5.0:S:6.0


模試だから、という言い訳ができるにしてもこれはないだろう
というレベルの結果だ。

Wは、TASK1,TASK2の4項目の点をそれぞれ出してくれるが、
TASK1のTask achievementなんか、3.0だ。
まず、オフトピック(問題を読み間違えて、要求されていることを
書いてない)なので4.0になる。さらに、150wordかけなかったので、
4.0から1.0マイナス。Rは、公式過去問をやれば、大抵時間が
あまるレベルなんだが、模試は時間が間に合わないレベルだ。

Sも4項目あってそれぞれ評価してもらい、Pronounciationは6で、
まあまあだったが7を取るのはなかなか難しいレベルなのかもしれない。
が、今から発音練習して1引き上げられるかというと2,3か月ではなかなか
厳しいかも。Fluency and Coherenceは、5.0で、スピーチ間のポーズ、
つまり、まったく喋ってない時間が長いとのこと。
ポーズを減らすのが課題だろうか。

慣れでだんだん実力が底上げされてくるのか、
それともこんなスコアがずっと続くのかどうか。
1か月後ではそれほど変わらないだろうが、2,3か月後あたりに
どうなってるかで本試験を受けて可能性があるレベルかどうか
見定めたいと思う。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。