元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルームシェアのすすめ NHKの"女性たちの貧困~新たな連鎖の衝撃~"を見て

2014年の4月に見たNHKの貧困女性特集を見て気になったことがあるので
書いてみたい。
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0427/


番組の中では、特に家族3人がそれぞれネットカフェのブースを借りて、
2年半ぐらいすんでるのは衝撃的だった。お金が足りないからだそうだが、
正直お金の節約の仕方でいうと、合理的には感じられなかった場面が
たくさん出てきてどういうことなのか疑問に思ってしまった。

生活保護を使わなくても、
ゲストハウスとかでドミトリーの部屋を借りてしまえばいいと
思ったのだが、誰か助言したりしないのだろうか。

オーストラリアでは、部屋や家をシェアするのはかなり普通の事なので
こういうネットカフェに長期滞在してる人を見ると、
もうちょっと情報収集うまくできないのかなと思ってしまう。

ネットカフェだからインターネットは自由に使えるだろうに。


企業が運営しているところは僕からみたらそこまでお得ではないが、
それでもネットカフェで3部屋1か月泊るよりかは全然安いのだ。
TVで見たやつは30日以上滞在で1日1900円だから、3部屋を1か月借りた場合、
1900×3×30=171000円
となって、全然割安ではない。


じゃあ、ドミトリーの場合だが、
そんな都合よく3人部屋が見つかるのかと思うかもしれないが、
ちょっと探すだけでも3人部屋で3件は見つかった。

シェアルーム 3人部屋 34,000円/人
http://www.hippo-house.com/list.html

ドミトリー 3人部屋 25,000円+9,000円
http://e-guest.jp/detail/index/saitama/48/

ドミトリー 3人部屋 28,000円+5,000円
http://share-share.jp/house/detail-room/?house_id=815

これなら、34000×3=102000で済むから、

171000-102000=69000円が月に浮く計算になる。
だから、あんまりネットカフェで長期滞在するメリットを感じられない。


最初から、3人分全部空いているところはないかもしれないが、
大家と交渉すればいずれ、家族一部屋で住めるようになるだろう。
それに、大抵こういうところは礼金・敷金・保証人不要だから、
借りるハードルも低い。
こういうのも、誰かが助言しないから知らないんだろうなとしか
言いようがない。こういう知識がないというのは、本当に
怖いものだ。やはり、日本ではドミトリーとかルームシェアとかが
まだメジャーな文化として受け入れられてないのだろうかと
思ってしまう。



僕の言いたいことは、
収入が少ない人が基本的に考えるべきことは、いかに支出を
減らすことだと思っていて、その中で固定費である家賃を
最重要課題として見直さないと、いつまでたっても貯金が
たまらないということになる。

なにはともあれTVに出てた人たちが現状を打破することを願っている。
スポンサーサイト

ドミトリーの部屋で住める人ってすごいと思う

時々思う事だが、普段からドミトリーの部屋で住んでる人って
すごいと思う。ワーホリメーカーとかでドミトリーに住んでいる人の
話聞くと素直にそう思う。

ドミトリーとは、一言でいうと相部屋だ。
一つの部屋を2人で使う場合もあれば、4人、6人ぐらいで
共用する部屋であることもある。赤の他人と6人部屋なんて僕は無理だ。

http://first-backpacker.info/at_place/youth_hostel/19


シドニーは家賃が以上に高いので、日本でいう「一人暮らし」は
基本的に無理だろう。
こっちでは、一人暮らしできる部屋の事をstudioというようだが、おおざっぱに
週$350×4=1400/月ぐらいはかかるから、1ドル90円で、12万ぐらいはかかる。
だから大抵部屋を間借りすることになる。

部屋の間借りでもオウンルーム(一部屋一人でトイレ等共用施設シェア)だと、
おおざっぱな相場で計算すると、週$200×4=800/月だからこれでも70000円ぐらいかかってしまう。
ちなみに僕もこのタイプの部屋に住んでいる。
もうこの時点で、東京の一人暮らしと同じぐらいお金がかかるわけで、
シドニーの家賃が東京より高いレベルだと思われるわけだ。

個人的な感覚だと、日本人にいると、「一人暮らし」にこだわっている傾向がある気がしている。
一人暮らししないと自立してないとか考えてるからなのかもしれないが、
月20万ぐらいの月収なのに、光熱費込で7,8万のところに住んだりしてる人がいまだに案外
いる話を聞く。

その点、オーストラリアでドミトリー経験して慣れてる人は、サバイバル能力が異常に高くなってるから、
日本に帰っても、やろうと思えば、一人暮らしにこだわらずに家賃をかなり安くできる。
軽く検索してみたが、これなんか、東京なのに、光熱費・ネット込みで月18000円だ。

ttp://roommate.jp/have/10748


はっきり言って、カプセルホテル1日3000円だとすると、1週間分で1か月分泊まれることになる。
僕はドミトリーは無理だが、40000円ぐらいでオウンローム(一部屋一人)も見つかった。
4万で光熱費込なら十分ありだろう。ネットカフェ生活してる人は、協調性が必要にはなるが
こういうところで生活した方が安くできるんじゃないかなと思う。


これからの低年収世代(年収300万以下)が生き残るには、「一人暮らし」にこだわることをやめるのが
キモになりそうな気がする。そういう意味では、実家暮らしもありなんだとは思う。
収入増やすんではなくて、家賃をいかに減らすかを考えるということは、これから先、必然的に
考える必要が出てくる人が結構出てくるのではないかと思う。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。