元ニートのオーストラリア留学ブログ

オーストラリアに留学したが失敗した人のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USCPA→会計留学の順番か、会計留学→USCPAか その2

前記事はこちら。
http://workinglifeabroad.blog.fc2.com/blog-entry-86.html


前記事で、USCPA→会計留学のデメリットを書いてみたが、今度は、
メリットを書いてみたいと思う。


何個かあるが、1番重要なのは、大学の授業についていきやすいという点だろう。
そりゃある程度似たようなことやるんだから当たり前なのかもしれないが。
実際授業受けてて思うことだが、授業の進度的に、とてもじゃないけど
1から育てていくという感じはしない。話すスピードが、という意味ではなく、
一度の授業でカバーする範囲が広すぎる、という意味でスピードが速すぎる。
かなりの英語力もしくは、それなりの会計知識がないとついていけずに、
Fail連発→卒業時期が大幅に遅れるという感じになるんだろうなという気がする。

僕は、英語力のなさを会計知識でカバーしているので、授業についていけている。
両方なかったら、相当予習復習をこなさないと、
ここはどこ私は誰状態になると思われる。

個人的なお勧めは、USCPA合格が無理でもせめて留学前に簿記2級受かるぐらいは
勉強を日本でしておくことをお勧めする。仕分けの感覚がまったくわからないと、
大学の授業についていくのに苦労すると思う。

簿記2級って日本の会計だけど、役に立つのかと思うかもしれないが、
簿記2級レベルの範囲なら海外とそこまでの大きな差は感じない。
科目的にいうと、少なくとも財務会計初級(厳密にはこういう科目名はないが)
の科目は簿記2級の知識である程度いけるのではないだろうか。

簿記2級とUSCPA両方やってる人はどう思うだろうか。
僕はそこまでの違いは簿記2級の範囲内であれば
感じない。


最終的にオーストラリアの会計士ライセンスを取得するところまで前提として
考えるなら、
USCPA→会計留学と会計留学→USCPAでは、
「労力」という点では大きく差はないのかなという気がする
(海外就職達成までの期間は大きく変わると思われる)。



こんな感じでメリット・デメリットを書いてみたが、
個人的には、

時は金なり

であって、可能なら、留学中の勉強がハードになっても
英語力だけつけてとっとと留学・就職まで
してしまったほうがいいと思ってしまう。
やっぱり僕のケースでは会計留学→USCPAの方がよかったのかなと思ってしまう。
ただ、数年後の結果まで見てみないと十分評価できないので、
今は目の前の事をやるしかないということだろうか。


ちなみに、会社にいる間にUSCPAを取得済みなら、
USCPA取得のために無職期間が延びることもないし、
USCPA→会計留学は非常に有効かも。ということで
結論は、

人によってベターな選択肢は違う。USCPA先に取得するほうは
時間はかかるが手堅く確実に、であり、留学を先にする方は、
スピード重視。ただ、無職期間を減らすような選択をするスピード重視の方が
ややベター

ということになりそうだ。

スポンサーサイト

厚生労働省委託プロジェクトのGlobal ACEについて

こんなのがJAMSにUPされているのを知っているだろうか?

【厚生労働省委託プロジェクト】2014年1月末までの帰国予定者、先着400名が対象!就職のためのキャリア形成を無料サポート。



方向性は悪くないんだが、細かい制限のせいで結果的にむちゃくちゃ利用しにくい
制度になっている。


まず一つ目がこれ。

”おおむね35歳位までの未就労者(学生は除く)”

”(学生は除く)”ってのがポイントで、僕は今現地の大学院に行ってるから
対象外になるわけだ。要するにニートの定義にあう奴だけが対象で、学校行ってるやつはニートじゃないってことなんだろう。でも、


アラサーで大学行ってる人間なんて、ほとんどニートだろう


って気がするんだが。そもそも僕が利用できません。僕自身ステータスはほとんどニートだと思ってるんだが、そういう人間が利用できない制度ってどうよって気がするわけだ。



二つ目はこれ。

”帰国後は対面コーチングを通じて、海外体験を振り返り、履歴書やシートに整理することで、就職活動で渡航の成果をしっかり企業側へアピールすることができます。”
”渡航期間 おおむね3 か月以上(支援対象期間)が望ましい”


これ見て、

え、そんなにすぐ帰国しなきゃだめなの?

って思った次第だ。そもそも、日本の就職でネックなのは、離職期間であって、
海外で就労体験なんかしちゃった時点で、3か月~半年ぐらいブランクが
あいちゃうだけだ。
評価してくれる日本の会社がどれだけあるかっていったらほとんどないんじゃないかって気がする。

むしろ、海外でそのまま就職できるようにサポートして、何年か海外で就労して、語学力を十分鍛えたうえで日本に戻った方がよっぽど評価される気がする。日本にそんな早く戻っちゃダメだろうって気がするのだが。

語学力はある程度あるけどニートっていう人も一定数いるだろうから、そういう人を
海外就労までもってった方がニート側はお金が稼げる・就職できる、
国側は、ニートが減らせる・将来戦力になる人材がある程度増える、
っていう点でいいと思う。


方向性が正しいというのは、ニートに海外就労させていくという方向性だ。
離職期間が空いたり、レールに乗り損ねた人間は、日本で就職しにくいから、
海外に活路を見出して、普通の人が持ってない経歴を持つことが結果的に
日本でも就職できる道につながっていくのだと思う。


もうちょい改良して実践的な案が将来的に出ることを期待している。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。